(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ワロタ!!

この人は「ネットの無秩序の異常さについて参照記事」としてマイクロソフトを挙げている。なんでマイクロソフトの異常さがネットの無秩序の異常さと置き換わるのか? 単に独占企業の問題やないけ。しかも、マイクロソフトの独占の問題は、本エントリーとほとんど無関係なのだ。
それに対するここの分析は少し的外れ。文系のエリート意識ではない。マスコミ的感性とでもいったほうがいいように思う。事の本質をほとんど見極めても無いくせに、偉そうな口をきくアレね。ワールドカップで日本人が騒いでいたら、軍靴の足音が・・・とかやりたがる単細胞の癖に、大衆の皆々様が知らない出来事を啓蒙してやってますという腐った感性!!
スポンサーサイト
  1. 2005/12/31(土) 11:37:57|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

酔狂人ウォッチング

まだ、モデルが現実の模写だと思っているあたりが激しく悲哀を誘う。一般均衡モデルを否定するだの肯定するだの頓珍漢な議論をやっているあたりもそこらへんに起因するのね。ハサミを肯定するとか否定するという議論は成立するのかしらw。パソコンを肯定しますか否定しますか、とか。形式論理を肯定しますか否定しますか、とか。「豚に真珠」「酔狂人にモデル」というところにしておきましょうか?
         .┌┐
        / /
      ./ / i
      | ( ゚Д゚) <そんなバナナ!
      |(ノi  |)
      |  i  i
      \_ヽ_,ゝ
        U" U


人間をモデル化する時に、手が4本とか、足が6本とかでモデル化したりしない。そういう人もいるかもしれないが、モデル化する場合は無視できる例外にすぎない。均衡モデルもそういう意味で現実を反映していないモデルであると批判している。手が4本とか、足が6本とかの人間ほど、極端ではないにせよ、例外としてほとんど無視できるような経済に基づいたモデルになってしまっている。

左様でございますか。私としては使い道次第と言わざるを得ませんが、まあ、がんばってくださいね。
  1. 2005/12/25(日) 11:19:06|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

うんこ

このクリスマスは激しくうんこだった。期間としてはまだ続行しているはずだが、残り時間で何かを生み出せそうな気さえしない。生産性0。氏ねよ、銀行員。それがうんこのうんこたるゆえんである。惰眠ばかりむさぼっている。ねむいんだからしかたがない。会社員は普通のときにあまりよく眠れないのでこんなときにねだめするのだ、と言うと正当化くさいが、そうではない。ねむいものはねむいのだ。会社ではさほどおもしろくもない仕事をし、(立場の危なくなった)上司の血迷った言を聞き、うんこな気分を味わっている。・・・はいはい、管理職さん、機能していないんだから首になってくださいね。まるでうんこな人生だ。まだ20代だぞ。そんななかで三連休ともなれば(いや、厳密には家で仕事をしているんですがね)気を抜いたっていいではないか。
  1. 2005/12/25(日) 10:58:16|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

基地外としての上司

すでに業務についての知識が老朽化しているにもかかわらず、業務面について口出しできると勘違いしている管理職ほど困ったものは無い。しかも業務ではないにもかかわらず、口出ししようというのだから困ったものだ。頭が死んでいるのでそもそも自分が何を言っているのか理解さえしていない。部下からするとまるで基地外のようなものである。彼がやるべきなのはすでにものすごい勢いで遠ざかっている業務内容についての口出しではなくて、目の前の部下どもをどう効率的に動かすかである。しかし、彼は組織論の本を読んだことも無いだろうし、取引費用について頭をめぐらしたことも無いだろうから、自分の行動が誰にどのような行動をさせるのかについて真剣に考えてもいないだろう。制度を精神論でコントロールできるとでも思っているのだろうか? まるで基地外である。基地外は基地外らしく業務に口出しせず自分の椅子のところではんこだけ押しておけばよいのである。
  1. 2005/12/23(金) 10:26:36|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

基地外としての上司

すでに業務についての知識が老朽化しているにもかかわらず、業務面について口出しできると勘違いしている管理職ほど困ったものは無い。しかも業務ではないにもかかわらず、口出ししようというのだから困ったものだ。頭が死んでいるのでそもそも自分が何を言っているのか理解さえしていない。部下からするとまるで基地外のようなものである。彼がやるべきなのはすでにものすごい勢いで遠ざかっている業務内容についての口出しではなくて、目の前の部下どもをどう効率的に動かすかである。しかし、彼は組織論の本を読んだことも無いだろうし、取引費用について頭をめぐらしたことも無いだろうから、自分の行動が誰にどのような行動をさせるのかについて真剣に考えてもいないだろう。制度を精神論でコントロールできるとでも思っているのだろうか? まるで基地外である。基地外は基地外らしく業務に口出しせず自分の椅子のところではんこだけ押しておけばよいのである。
  1. 2005/12/23(金) 10:19:07|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

angelaの「未来とゆう名の答え」購入

色気ありますね~
  1. 2005/12/17(土) 23:21:12|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

教養その1

文科系の学問への情熱というのは、今日、ほとんど他人に認められない類のものである。文科系、というのは語弊がある。今日でもまだ価値あるものと価値のないものを混ぜ合わせたことばだからだ。だから、はっきりと書くと、全体的に評価が低い文科系の学問の中でも、実用性も社会への影響力もほとんど認知されておらず、今後認知されることもない・・・分野である文藝を対象としている。
 文学エリートは、以上のように、社会的な評価をほとんど与えられていないにもかかわらず、プライドはしっかりと持っている。自分が、工学の研究者と比べて、低劣な時間つぶしをしているだけだと認めたくないはずだ。「専門分野ではいざ知らず科学者は単純だ」などという神話的な認識にもとづいて自分自身の研究活動に勤しんでいるかもしれない。しかし、工学の人間の専門分野が社会に位置づけられているのに比べれば、人文系の人間の・・・文学部の・・・不安定さは明らかだ。
 むろん、教養がない、という観点からなら本業以外のところで無知をさらけ出している科学者の悪口を述べ立てることも可能だろう。だが、教養がない、という一点では文理の区別なく攻撃対象がごろごろしているだろうから、文科系の人間だけを狙い撃ちするのは論難の名目上の正当性を失わせることになるだろう。工学系の科学者に不足する側面を指摘することは、逆に人文系の人間の足場を揺るがすことになる。工学系の科学者が持っているものを人文系の研究者は持っていないわけだし、おそらく、ついには持ち得ないはずだから。そして、教養、という題目で言い分を正当化しようとすれば、人文系の学問に特化して硬直化している自分自身の足場を掘り崩すことになるだろう。 [教養その1]の続きを読む
  1. 2005/12/17(土) 02:01:09|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週は自分の時間がとれないまま

過ぎてしまいそうだ。疲れた。
  1. 2005/12/16(金) 01:23:45|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

会社員の気持ちとは?

 私は会社にいるあいだも仕事をしていると見せかけてサボっている人間の一人である。
 基本的に私は会社会社員が嫌いであって、それも、ポーズだけ言っているわけではなくて心の底から嫌いである。お金が十分に手元にあるならいつでもやめてもいいと思う。食い扶持がないからやめることはできない。自分に会社員生活は合わないと思うし、時折拒否反応が生じるので、そんなに長くもたないのではないかと思っている。残念なことだ。
 世間のビジネス本を読んでいると、煽りというか、洗脳電波というか、毒気みたいなものがゆんゆんしている光景に出くわす。まことに芳ばしい。なんだか希望と熱情に燃えまくって仕事に向かう人たちばかりが世の中にいるんじゃないかと思えてくる。そういえば、職場の先輩が「稼いでいない奴は二流だ」と言っていたっけ。それはおそらく正しい。が、だれでも一流になれるわけではない。 [会社員の気持ちとは?]の続きを読む
  1. 2005/12/14(水) 02:19:34|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

さいはんろ~ん

必要なものを必要な時に必要な量だけ、生産しようと思えば(そしてなおかつ利益を出そうと思えば)、普通に考えて下請けをしばいて要素価格を下げさせたりラインの速度を変えたりして諸々の生産条件変えなければいけないのではないかと思うんだが・・・。それに、必要な分だけつくる、というのは究極的には理想であって、現実には「必要な分」なんて生産側にはわからない。「必要と思われる分」なら経験と外部環境から予測できるかもしれない。予測値と計測値では齟齬が出てくるだろうから、そこで、生産量を調整する。別にトヨタは魔法使いというわけではないのだから、普通の会社がやっていることを高精度にやっているだけだろう。

体制変更なんて大掛かりなことをしていたら、「必要な時に」間に合わない。

言い方がわるぅございました。下請けを急がせたり、工場止めたり稼働率上げたり残業させたりする、とでも言い換えましょう。 [さいはんろ~ん]の続きを読む
  1. 2005/12/13(火) 09:58:19|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

あまりむなしくはない

なんだかプログラマーから教訓を得る、というようなことを五ヶ月前くらいの私が書いていたが、よほど追い詰められていたんだな、精神的に。
 入って、三ヶ月目にして、もうやめて転職しようかな、などと考えていたのである。その頃、私はむなしさを振り切るためにいろいろなことに無理に手を出そうとしていた。だが、手を出してもむなしさは離れなかった。
 自分の根っこの部分と全く反対のことをやるのは難しいし、長くはもたない。
  1. 2005/12/12(月) 22:09:19|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

興味のないことをやることの効用

 最近は会社に行くことに抵抗がなくなってきているが、それでも嫌なものは嫌だそんなに嫌ではなくなってきたが、複雑な気分である。朝起きてから夜寝るまでの間ずっと好きなことをしているという環境が整えばどんなにいいだろう? と夢想しない日はない。しかし、そうなったらなったで、好きなことに毎日取り組む生活に嫌気が差すのではないかという気もする。
 まあ、別につらい仕事ではまったくなく(というわけでもないのだが仕事のせいで会社がいやになるということはない)、むしろ業務としては恵まれたほうだと思っているが、だからといって、生きがいを感じるなんて全く思わない。

 しかし、私は職場に行くことで多少なりとも弛みきった神経を緊張させることに成功しているし、世間とのつながりもかろうじて確保している。たぶん、大学院とか行ったらこうはいかないだろう。大学院に行っていたら、自分の趣味・関心内でしか行動せず、人付き合いもしなかっただろう。会社で無理やり人と接点を作る機会を与えられても徐々に人との交際が減ってきているのだから。
 自分に関心のあることなんて限られている。自分が思いも突かなかったことを知らされるのは、いつも他人からだ。さらに具体的に言えば顧客や上司や同僚からである。他人と会わなければ知識の吸収窓口は減る。自分とよく似た関心の持ち主と出会っているだけでも、ほとんど同じだ。共通の話題で話をしてしまう。だが、会社だと嫌々ながら興味のない話を聞かされ、興味のない仕事をし、興味のないことを学習する。うんざりすることがほとんどだ多いが、発見だって多い。自分ひとりきりだったら煮詰まっていただろうな、と思う。不快な刺激を受け続けているがゆえに、緊張感を保っていられるのではないかと。
  [興味のないことをやることの効用]の続きを読む
  1. 2005/12/12(月) 09:35:18|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

( ゚д゚)ポカーン

引用する。

他の条件が一定というのは、科学的な比較のための当然の前提だから、7月14日のエントリなど、ほとんどのエントリでそのことをあらためてことわってこなかった。それで誤解した人がいたらしい。

 これはものすごい勘違いだと思うんだけれども。まあ、でも二種類の問題があると思われたので、別々に書くことにする。

①アイデアレベルの問題
 まずね、私が言いたかったことは、数量と価格はグラフの中で取り扱えることだけれども、それ以外は固定されているんだから、一本の供給曲線が数量と価格以外の他の条件を取り扱えないのは当たり前でしょう? っていうこと。あなたは数量と価格以外のそもそもの供給量・供給水準の変化を一本の供給曲線で取り扱おうとしているんだって私は言ったわけ。
 ジャストインタイムって需要に応じて供給体制自体を微妙に変えることでしょう? つまり、あなたが問題だと思っていることなら、異時点間で供給曲線を何本も書くことで解決できるってこと。一本の直線に対応しているのは、ひとつの水準だけですよ。供給全体を底下げしたければグラフ自体をシフトさせればいいんです。需要を細かく予測してトヨタが供給の水準を細かく変えているのだとしたら、そのたびにグラフ自体がシフトするんです。供給の水準の変化は他の条件を一定になんかしたら取り扱えませんよ。前回、私が言ったことはそういうことです。供給水準を一定にしたときに、数量と価格の変化を取り扱うのが供給関数でしょう?
 つまり、他の条件を一定に、というルールを守れていないのはあなたのほうなの。

(同じ条件、同じ価格の下でも)供給量は変動するから、「曲線」にならないと言っているんだけど……

あなたが言うトヨタのジャストインタイムが、まさしく、決め細やかに需要予測して柔軟に供給体制をいじっているから、同じ価格で供給量が変わるんでしょうが。同じ条件、じゃないんです。ルールを破っているのはあなた。

②実際上に利用する場合の問題
 さらに、こちらはあまり考えていなかったことですが、もしかして、価格と数量でプロットした点が一本の供給曲線にのらないから、供給曲線はダメだ、というレベルで話をされていたのではないかと思ったので追加。
 普通はおそらく供給曲線が厳密に直線になるか否かという水準で議論する人はいない。経済学の本にもそんなことは書いていませんよ。供給曲線を傾向値です。
 散布図からグラフをつくった経験はありませんか? あれでね、普通、傾向を見る場合にプロットした点が全部直線に乗るなんてことは誰も考えてません。その点がだいたいどういう対応関係になっているかを知るために直線で近似させるわけでしょう? それとも、もっと社会学の有名な概念用いるなら「理念型」って知ってます? 
        
  1. 2005/12/11(日) 23:27:11|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

日経新聞2005/12/11(日)の変なコラム

「人口減と生きる」コラムは変。

二十一世紀の日本の経営者にはこれまでと違う宿題がある。ひとつは人口減少による供給と需要面での制約。もうひとつは社員の仕事と家庭の両立への責任。まずは前者から・・・。
(中略)バブル後の採用抑制で十年間新人はゼロ。「現場の活力が不足している」

( ゚д゚)ポカーン・・・あの~、採用抑制で新人採らないのと人口減少に何の関係あるの? 新人採らないから若い子がいなくなっただけで、人口減少していようがいまいが採らなかったらいっしょだろうが!!というか、人口の減少がもろに産業に打撃を与えるほどに労働市場が逼迫している、なんていう話は聞いたことがない。労働市場がだぶついているからNEETとかフリーターとか世の中にあふれてるんだろうが。 [日経新聞2005/12/11(日)の変なコラム]の続きを読む
  1. 2005/12/11(日) 22:19:43|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クズでゴミでいかがわしいオタクについて論じる その1

そもそもオタク男とはなんぞや?
「オタク男」ということばはそもそもの語意が不明なので、何を指示しているのか判別つきかねる。何も考えずに使われているのではないかと思われる。ここでは、最近秋葉系などと頭の腐ったマスコミ人が取り上げて喜んでいるタイプのアニメ・ゲーム・マンガオタクを取り上げよう。
「アニメや声優が、他の生活を切り詰めてでも金と時間を投入するほど、大好きで、風呂に入らなくて、デブで、メガネで、気持ち悪い顔をしていて、喋るときにどもって、一般常識を欠いて、生身の女の子と会話したこともない男」という意味だろうか? しかし、これは、おそらくオタクというよりはアニメや声優が好きな社会不適合者ないし気持ちの悪い男であって(他の生活を切り詰めたり、風呂に入らなかったり、一般常識を欠いているのだから)、実在はするが絶対数としては多くない。これほど極端な例は消毒液を浴びせてゴミ箱に捨てておくのがよいだろう。少し要素分解してみよう。
a.アニメや声優が好きである。
 私も嫌いではない。私は電波ソングを歌う桃井はるこのファンであるわけだし。しかし、私は衣食住を削ってまでアニメやゲームを買いあさった経験は一度もない。日常生活に支障をきたすほどのアニメやマンガやゲームや関連商品を買っている人間がどれくらいいるかは疑問だ。とはいえ、少しは買う。世の中の多くの人たちは(一般社会にデビューしていない人たちにはわからんだろうが)最近のマンガやアニメをほとんどチェックなんぞしていないのだ(それどころか、そもそもほとんど見ていないのだ)。そのため、最近のアニメやマンガをチェックしているだけでもオタク扱いされてしまう。
 カラオケでアニソンを歌っても、オタク扱いされる。むろん私もアニソンが嫌いとはいわない。というか好きだ。しかし、本当の理由は、プロでもない人間が必死でラブソングを歌っている姿など耐えられようもないから、カラオケでアニソンを歌っているのである。
 他の身体条件についてはどこかで書こう。上記の真正のオタクはかなりのデブであるはずだが、アニメ・ゲーム・マンガ好きがみんなデブであるわけはないしそこまでデブであるはずもない。しかし、極端な体型の人間は多い。デブとガリ。
 メガネは・・・ううん・・・メガネってそんなに悪いか? まあ、メガネにしても誰がかけているかというところに問題が一点集中しているのであって、汚い容姿とひどい体臭のおっさんがかけていたら激しくキモいことだろう。
 風呂に入らないというのは、これはかなり極端な例であることをこの前書いておいた。つーか、風呂入れよ。

[クズでゴミでいかがわしいオタクについて論じる その1]の続きを読む
  1. 2005/12/11(日) 10:30:32|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

意思決定の作文

 企業のなかに入ってから意思決定の作文ばかりしているが、頭が悪く硬くなってしまいそうだ。この年齢で、頭を固めるような作業(ないし、平均的脳みそ以上の負荷を求められない仕事)ばかりしていていいのだろうか? よくない。ダメダメだ。
 「仕事をやって霊感を得る→大学院で地道に勉強する→また働く」というようなルートがあれば、もっとより良い労働力になる自信はあるのだが。一年くらいのを3回くらいしたいね。
 いま、私がしたいのは体系的な勉強であって、会社の本ではない。論理学の本であって、マーケティングの本ではない。本当にそう思う。大学の時には、地道な勉強もやるにはやったが足りなかった。 [意思決定の作文]の続きを読む
  1. 2005/12/10(土) 01:32:08|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

VIP STAR!!

http://yukawanet.com/sunday/pic/vipstar.html
  1. 2005/12/09(金) 23:43:41|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

軽く一撃

この人はおそらく経済学を知らない。だって、知っていたらこんなこと書かないもの。↓以下引用


ほとんど全ての経済学の入門書に右下がりの供給曲線と右上がりの需要曲線とが交差する(部分)均衡モデルの図が出てくる。

だが、カンバン方式やJIT(Just In Time)で知られるトヨタ生産方式や『ザ・ゴール』で有名になったTOCは、これとは相容れない。供給曲線は価格と供給量との1対1の対応を意味してる。しかし、トヨタ生産方式やTOCでは、売れた分だけ作ることが要求される*1。トヨタ生産方式やTOCでは、価格と供給量とは1対1に対応しない。


この人は部分均衡のもととなっている需要曲線や供給曲線の意味を完全に誤解している。
()供給曲線は価格と供給量との1対1の対応関係なんて意味していない。
()この場合、供給曲線で、価格と数量とが1対1に対応しているだけ。
この違いわかります? わからないから、ジャストインタイムが供給曲線に反している、だなんて結論になるんだろう。あら、やだ。
 ほんとに経済学の入門書読んだのかな? 高校の政経の教科書とか経済記事を読んで半可通ぶってるだけじゃないのかしら? 
  [軽く一撃]の続きを読む
  1. 2005/12/09(金) 21:48:05|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

しこしこ

オナニーではない。いや、オナニーかもしれない。
仕事中(!!)や仕事外の空き時間をこそこそと利用して論理学のテキストをやること・・・計・・・時間ようやく述語論理の自然演繹を一通り修了。
 ヤター!!
 ここを過ぎれば、後はうまくやれると思っている。それに比して仕事のほうは手の抜きすぎかもしれない。
  1. 2005/12/09(金) 00:06:07|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こら、流動性を忌避する基地外ども!!

日経ビジネスの記事のP168をよく読んでみろ。大して目新しい話でもないが、ぜひとも読んでほしい。
まあ、そうはいっても基地外はまともに調べ物なんてしないだろうから私がまとめてやる。
なんでも

①フランスの暴動の一要因として、雇用がない、ことがある。
②フランスには職業訓練制度がないに等しい反面、失業手当が手厚く、解雇に厳しい制約がある。

 ①と②の関連性がわからない? もしかして? ②みたいな制度があれば不当にやめさせられたりすることがないからいいじゃないかって? これだから基本をわかっていないやつは困る。
  [こら、流動性を忌避する基地外ども!!]の続きを読む
  1. 2005/12/08(木) 15:58:42|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

潰されないように生きる

 世の中の人たちは、自分(およびその周辺の人たち)のことで頭と手がいっぱいなので、よほどのことでもない限り他人のことをかまってはくれません。しかも、みんな自分の仕事は他人に押し付けてでも減らしたいと考えています。
 会社に入ってからよく思うのですが、他人に仕事を押し付けようとする輩の多いこと多いこと。適切にサボる手段を探さなければ、仕事を押し付けられること間違いなしです。ただ努力すればいいというものではないのです。
 私はキャリア志向の人たちの多い会社に所属しています。が、私自身はキャリア志向ではありません。そこそこ休んでそこそこ働いてそこそこ給料をもらってやっていくのが最高ではないかと心の底から思っています。金や地位につながらない労働をにこにこ笑いながらするという行為は私には不可能です。目下与えられた仕事ができないわけではなく、そこそこうまくこなしているはずですが、特別できるようになりたいとも思いませんし、現時点でもそうではありません。むしろ、趣味の分野をもう少し掘り下げてみたいと思っています。ですから、私にとっては直接給料に結びつくように思われたり、興味を引いたりする以外の仕事はただの無駄です。時間と労力を食うだけの余計な仕事としか思えません。そういうお仕事を私は思い切ってサボることにしています。与えられた仕事を時間内で適度にこなし、そこそこの評価をもらっていれば、給与に見合わない裁量をもらったり、異常な量の仕事を振られたりすることはないと思われるのです。 [潰されないように生きる]の続きを読む
  1. 2005/12/08(木) 13:40:10|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

朝から

遠出だ。
  1. 2005/12/08(木) 07:16:08|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

クリスマスのフライング

私が住んでいる大阪では、11月の終わり頃からクリスマスソングが連発されていた。
 例年クリスマスというのがどういう扱いをされているのかよく知らないのだが、今年は・・・24・5あたりが本番ということを考えても少し早すぎないか? 11月にクリスマス騒ぎをされるなどというのは精神的にほとんど不意打ちである。
 まず、最初、不意を突かれて、クリスマスソングをクリスマスソングであると認識することすら満足にできなかったし、今でも気分的に変だ。
  [クリスマスのフライング]の続きを読む
  1. 2005/12/03(土) 20:56:19|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ももいはるこの

ワンダーモモイを購入。
電波ソングは(・∀・)イイ!!!!
  1. 2005/12/03(土) 18:30:45|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

imaichi

11 | 2005/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。