(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

この前いらっしゃっていた白井様のページ

http://shiropenk.exblog.jp/
スポンサーサイト
  1. 2006/02/27(月) 00:08:01|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2/21のエントリーに愉しいコメントを書き込んだ子のホスト

150.93.156.37

これ
  1. 2006/02/27(月) 00:01:44|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポエム好きなあなたへ

 ブログの発展に伴い、素人が今までよりも簡単な手続きで馬鹿な考えを述べることができるようになった。
 ちゃんと学校で習うこと習いましたか、と私は尋ねたい。私が習っていないのは礼儀だけである。
[ポエム好きなあなたへ]の続きを読む
  1. 2006/02/26(日) 23:59:57|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポエム好きなあなたへ

 ブログの発展に伴い、素人が今までよりも簡単な手続きで馬鹿な考えを述べることができるようになった。
 ちゃんと学校で習うこと習いましたか、と私は尋ねたい。私が習っていないのは礼儀だけである。
[ポエム好きなあなたへ]の続きを読む
  1. 2006/02/26(日) 23:58:12|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いつもながら

酔狂人大先生は笑わせてくれます。まあ、なんというか、よくもまあ、説明力の無いウンコみたいなエントリーをお書きになられて、とってもすばらしいことですね。脳みその代わりに下痢ウンコでも入っておられるんでしょうか? 全く不思議です。いまだに、需要曲線と供給曲線についてビチグソみたいな思い込みをしているのが素敵です。宇宙人に頭の改造でもされていらっしゃるんでしょうか? 
笑ってあげてください。
  1. 2006/02/26(日) 23:47:03|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中学生ポエム?

ゲラゲラ
  1. 2006/02/26(日) 10:35:53|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日もネットには

ルサンチマンが満ちている。しかし、これはリアルな世の中でも同じなのだろう。怨念がわだかまっているのを見るのは嫌いではない。
  1. 2006/02/23(木) 07:48:00|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

運も実力のうちとは言うが、

新自由主義批判の言説には、とてつもなく弱者慰撫的なものがあって、なんというか吐き気がするものがある。具体例を探すのも面倒くさいが、ある程度具体性を付与しないと酔狂甚大先生のご高説と同じになってしまうので、ここでそのようなゲロ論を組み立ててみよう。

社会で成功した人間をみてみよう。・・・東大・京大・早稲田・慶応を出た奴ばかりじゃないか。彼らはたまたま恵まれた環境に生まれ、育ってきた人間なのだ。彼らの社会的成功は、良い環境に生まれたことに大部分起因する。機会の平等というが、機会は初めから平等ではないのだ。将来的な成功は生まれたときから決まっているのである。・・・それを自明視する奴は・・・

こんな感じだ。 [運も実力のうちとは言うが、]の続きを読む
  1. 2006/02/18(土) 23:14:55|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブログビジネス?

ワイアドニュースを見ていたらこんなおはなしが出ていたが、ほんとにブログ単体から稼ぎ出している人なんてどれくらいいるんだろう? 仕事のほうで知り合った人が、まともに会社としてやっていく場合に、収入源としてアフリエイトをあてにすることの不毛を言っていたけれども、実際のところ、ネット広告だけで成立している企業なんてどれだけあるんだろう? ブログ書いててお小遣いも入ってくる、なんていうのは夢みたいだけれども、そんなうまい話、ごろごろ転がっているのかしら?
  1. 2006/02/18(土) 22:33:26|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

酔狂人が役に立たない理由

①価格の調整機能についてわかっていない。
 経済学のエントリーでいつも健やかな笑いをありがとう。
②「神の見えざる手」になにいつまでもからんでるの?
 もっと生産的なお話しようよ~。意図せざる結果、とか。
③ぬるすぎる合理性批判
 論旨を少しも補強しない例を挙げているあたりが笑わせてくれます。
  1. 2006/02/18(土) 00:48:53|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日は一日

データを掘って掘って一日過ごした。何が愉しいかって? なんにもたのしくねーよ。
  1. 2006/02/18(土) 00:13:00|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

都合三日間職場から逃亡していたわけだが・・・

確認すると、膨大なメールのやり取りが記録されている。
たとえば、○○と△△についてやれ!!
だとか
□□はどうなっていますか?
とか。
前者についてはやる気がそもそもないし、後者については知らない。明日会社に行ってからしなければならない項目は抽出できたものの、見るなり萎えたという感じである。 [都合三日間職場から逃亡していたわけだが・・・]の続きを読む
  1. 2006/02/17(金) 01:03:41|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あ~仕事が立て込んでいて鬱陶しい

しかもつまんない仕事ばかり。
  1. 2006/02/12(日) 21:52:28|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いまから福利厚生的な旅行へ出かけます

時間と金の非効率なので、費用を私に直接ください。社員旅行のような非効率ではなく、もっと有効に自分を慰労しますので。
  1. 2006/02/11(土) 10:53:42|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

酔狂人まとめ

酔狂人氏は、
①モデルの意義がわかっていない
②トンデモをトンデモと指摘する理論のほうが云々・・・
③トヨタのシステムが魔法のように機能すると思っている
という三点をお持ちで、非常にからかいがいのある相手と言えましょうが、目下ターゲットにしたいのは②であります。まず、酔狂人氏の卑怯なところは、議論をする際に、決して自明でないところを具体名をあげずに非難するという点でございます。
誰に対して言ってるの?
と学会に対してでしょうか? もしかすると、副島隆彦大先生のファンだったりするんでしょうか? 酔狂人氏は? まあ、じっくりヲチすることにしましょう。
  1. 2006/02/11(土) 10:41:35|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

なぜか

はてなにアク禁食らってるっぽい。酔狂人の異説は見られなくてもま~ったく痛くないが、稲葉振一郎のブログや小谷野敦のブログを見られないのはとってもつらいっす。
 回答してくれ。はてなよ。
  1. 2006/02/08(水) 23:15:26|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

明日から東のほうへ出張

・・・それにしても、眠い。いま、メールを見たら、上司からまた仕事が入っている。明日のうちにどれだけのことをやらねばならないのか?
  1. 2006/02/06(月) 00:42:47|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

権威主義認定ですって

 ありがたい。
 ・・・まあ、一言嫌味を言っておくと、私は現体制を支持したりしてないんですけれどもね。
 反体制的言説に冷や水を差すのは大好きですがwww。あと、私はいわゆる左翼的言説に対しても冷笑的です。しかし、私は小泉政権を積極的に賛成したりもしないんですがね。
 ただ、戦争に反対しないと「右傾化」などとすぐにレッテル張りをする頭の腐った人たちが嫌いなだけです。
  1. 2006/02/05(日) 18:49:10|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日も仕事だよ

めんどくさいったらありゃしない。
  1. 2006/02/05(日) 08:46:13|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

酔狂人、科学哲学について語る


客観的、合理的、科学的といった言葉は、どちらかと言えば、信仰とは対立するものであるが、これらの言葉に憧れるあまり、信仰に陥っていることが珍しくない。神に憧れるあまり、神の名を騙る悪魔を崇拝してしまうようなものである。

客観的、合理的、科学的といった言葉は、あくまでも、相対的なものに過ぎず、絶対的なものではない。絶対的な客観性、合理性、科学性などといったものは存在しない。

 酔狂人様、いつもながらすばらしく耳あたりがよく、かつ、無内容なコメントでございますね。絶対的な客観性、合理性、科学性を否定しておられますけれども、そもそも、そんなものを誰が信じているのですか?誰が信じていそうか列挙してみたらどうでしょう? 珍しくない、って言っているくらいだから珍しくないはずだよね? 
 いつもながら酔狂人様の書くものには山形浩生が訳した『ウンコな議論』の理屈がそのまま当てはまりそうですわね。ウンコ議論乙です。
  1. 2006/02/05(日) 08:37:12|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

釣られた人

 白井氏が釣られてくれたおかげでずいぶん話が見えやすくなったと思います。どうも。御礼を申し上げま~す。
 どこから突っ込んじゃおうかしら。
 まずね、

>国家の無いところが自然状態で、というのが基本的な認識だった

違う。国家が並存していて「国家の上位機関がない」のが国際社会の自然状態。

 国家が存在しているのは所与でしょ? 白い紙にいくつか○を書いてみてよ。その隙間の部分には○がないでしょ?

>規則をつくっても、それを守らないインセンティヴのほうが多ければそんな規則はなし崩しになるんだろうし。

規則を守るインセンティブの方を高くするためのICCだ。それが「絵に描いた餅にならないように」という意味だ。

 「絵に描いた餅」かどうかを判断するのに、費用便益を分析するんです。比較なしで、規則を守るインセンティヴの"方を"高くするための、なんてよく言えますわね。規則を守るインセンティヴを現状より高くするため、と正しく言わないとねwww。

「すべての戦争が、」一部の者による権利の濫用によって起こされたなどとどこにも書いていない。権力の濫用の場合もあるし、そうでない場合もあるだろう。
ただ、権力の濫用の場合だけでも法により抑制されれば、何も抑制されないよりもましだろう。

そういう台詞を待っていたの。まずね、"法によって個人の行動を制限すること"が"戦争をなくす"なら、個人の行動と戦争をすることが本質的に関連していないとおかしいわね? "すべての"というのは半分以上釣りなんだけれども、ある程度強い因果関係があるなら、例外を除いて"ほぼすべての"くらい言えないとICCが"個人の責任を問う形で戦争を抑止しようとする"戦略をとってもあまり効果がないじゃないですのん。権力の濫用の場合だけを規制できるのであれば、当然、戦争に対する抑止効果も限定的なことになりますわね?偉そうに言ってた割にはこの程度? って嘲笑されたりなんかしちゃったりして。それに、基地外によって引き起こされた戦争以外は何によって引き起こされているのかしらね? これは解決できるのかしら?

国際平和というのは、目的であって、手段ではない。「戦争がゼロになった世界のほうが維持コストが大き」かったとしても、それが目的なのだから、当然戦争のない状態を目指すべきなのだ。

"概念の自然状態"とでも言ってやりたいところ。そして、この点が私が一番言ってほしかったことなの。誰が国際平和という目的を正当化できるの? どう正当化するの? もし、正当化を合意にまかせるのだとしたら、どうやって合意を取るの? 誰に?
 国際平和が多少なりとも犠牲にされているおかげで、私たちは他の利益を得ているかもしれない。その可能性を排除していきなり"目的"と言える神経。国際法だなんだと御託をならべたところで、あなたが言いたいのは結局その価値判断じゃないのかしら?
[釣られた人]の続きを読む
  1. 2006/02/04(土) 22:12:26|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

関連するネタも

あと、天木直人さんのウェブのところに、日本の右傾化云々という悪質なデータマイニングがあるのだが、彼の書くものを読む限り、「あの戦争はやむをえなかった」という世論調査の答えが「もしそれでも戦争はいつの世にも止むを得ないと考える国民が多くいたら、日本は平和国家なんぞではけっしてないということだ」などと勝手に規模を拡大されている。大東亜戦争が避けられなかったかどうかは調べたことが無いので何とも言えないが、
避けられる戦争と避けられない戦争がある
 という認識で、「あの戦争はやむをえなかった」と言った人もいたかもしれない。そして、その認識と、避けられる戦争は避けたほうがいいという認識は両立しうる。なんつう大雑把な論理かと。
  1. 2006/02/04(土) 20:54:38|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なんかぬるいコメントが付いていたのだが・・・。

こんなこと書いてあった。

((゚∀゚)殺伐で逝こう!!)さんへ (ヤメ蚊)
2006-02-03 22:36:27
【まず、私は①がよくわからない。 お偉いさんが戦争を起こす、というのはまったく自明ではない。民主的な手続きで選ばれたお偉いさんが戦争を起こすのが全く個人的な理由からなのか、というのがその理由。彼らは仕事をしているだけである。】

という点について,太平洋戦争は民衆が望んだ戦争だったのでしょうか?米国と戦争してもその生産力からまったく勝つ見込みがない…という判断を政府はしていながら戦争に踏み込んだ。もし,そのような情報を民衆に知らしめたうえで,戦争をするか否か問うたならば,多くの民衆は満州・韓国から撤退してでも,戦争を避けるべきだという判断をしたでしょう。『彼らは仕事をした』なんてまったく言えない。

情報を共有化させないまま,自分たちが勝手に判断することの怖さは,大和の沖縄行きからも明らか。勝つためという目的のためにはまったく意味のない行為と知りながら,日本艦隊が全滅しないと戦争は終わらない…というただ一点で,出撃した艦隊。あの艦隊に乗っていた多くの乗組員の生命を守るためには,艦隊全体で米軍に降伏することであったし,そのことは「可能」であった。艦隊幹部の『仕事』は,いかに人命を失わずに,戦争終結を導くかであった。そういう意味で艦隊幹部,また,命令をした日本軍幹部は,『仕事』なんてしていないのですよ。

お分かりですか?

 戦争を引き起こしたのが為政者、という論理が、いつのまにか摩り替わっちゃっています。戦争をしたときに、指導的立場の人間が無能なことをした、ということと、戦争を引き起こしたのが為政者、という話は別の問題です。無能な軍人なんて勝手に裁かれてください。
  [なんかぬるいコメントが付いていたのだが・・・。]の続きを読む
  1. 2006/02/04(土) 07:16:00|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おめでたき人

こんなところはどうなのよ?
 まず、いつもの精読から。

 政治とは無縁の場所で生活している一般人にとって、戦争はある種の天災に近いものかもしれない。いちど勃発すると否応なく巻き込まれてゆく神話的暴力―現代でも多くの人々は、戦争をそのようなものとして観念しているのではないか。

まず、政治とは無縁の場所で生活している一般人、とくる。建前上、選挙権を持っている人間が政治と無縁でいいのかと思うが、まあそれはいいだろう。
 ところが、この後、論旨は思わぬ展開に!! [おめでたき人]の続きを読む
  1. 2006/02/03(金) 22:37:36|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

やっと仕事が終わったよ。

手元を見ながら、こういう仕事をやったことが無い人間は一般企業における意思決定の難しさとか一生わからないんだろうな、などと思った。
  1. 2006/02/03(金) 00:11:35|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

平和趣味は逝ってよし

この人から返答があった。
単純なことを書いているので、さらに単純化してみたい。
①戦争を起こしたのはお偉いさん。
②国民の多くは自分や身内が戦争に行くことには反対であると考えられること。
③国民の多くは自らの国が積極的に戦争を仕掛けるべきだとは考えていないこと。
④②及び③はほかの国でも同じでねえの?
というわけである。
[平和趣味は逝ってよし]の続きを読む
  1. 2006/02/02(木) 22:13:27|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

平和ボケ云々の前に単にボケ

この人のエントリー

このような妄想に基づいて妄想を垂れ流してきた人たちがいったいどれだけのことを達成してきたというのだろうか。それほどヨーロッパが素晴らしいというのなら、ヨーロッパ諸国の軍事費の変遷でも調べてくれたりはしないのだろうか? エクセルでちょちょいとデータを作ることも難しいというなら、せめて出典だけでも。
[平和ボケ云々の前に単にボケ]の続きを読む
  1. 2006/02/02(木) 14:15:39|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

step式エントリー読解術>>酔狂人

step1
①法・社会規範の制約内で利益を最大限追求すべし、という使命
②公共の利益を考えて積極的に社会に寄与すべし、という使命
この違いを考えましょう。①のように消極的に法・社会規範への服従が要請されても、①にはつながりません。残念です。
step2
株主は企業に①を委託しておりますが、実際の経営は経営者によって行なわれます。
株主:金出す 経営者:行動する(制約条件:法・社会規範)
企業が法に触れるような経営を行ないました。法に触れたのは、金を増やそうとした経営者であって、金を出した株主ではまったくありません。責任と権限の割当を行なっているわけですから。
step3
責任は次のように分配されます。
株主:金銭的損失を負う 経営者:行動について責任を問われる。
step4
株主にとって、経営者はお金を増やす道具です。
経営者にとって、株主は資金を得るための道具です。
手段は目的に対応しているわけで、タクシーが人を轢殺したからといって、タクシーの乗客に責任はございません。

|  酔狂人の回収に来ました

   ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ________
    ―――――――、     ヽヽ
.   /.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| ||____ヽヽ
  /.    ∧// ∧ ∧| || 東京都  ヽヽ
 [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) || 清掃局.  |  |
 ||_    _|_| ̄ ̄ ∪|.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 lO|――|O゜.|____|.||.-――――┴―|
 |_∈口∋ ̄_l__l⌒l | | コ□ニ//l⌒lソ
   ̄ ̄`ー' ̄   `ー' ̄ `ー'   `ー'
  1. 2006/02/01(水) 11:59:40|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

imaichi

01 | 2006/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。