(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

師匠、ぶっ壊れてます。

kaetzchen様ご活躍です。

やれやれ(笑) (kaetzchen)
2006-08-19 22:29:50
romper というのは「おてんば」「はね回る」という米語スラングで,romper room で「幼児の遊戯室」って意味になります。

理論武装と論破は子供の頃からの悪いクセですから,どうしようもないですね。(^^;) 小4の時に夏休みの自由研究に数学の論文を書いたら,県立博物館へ連れられて,これは600年以上昔にアラビアで発見されたんだよ,自分で見つけたのならすごいよとほめられてから,完全に頭に乗ってしまいまして(笑)  幼稚園の頃から本の虫で心配した祖父が剣道を教えてくれた位です(祖父も漢文を教えてくれたけど)。

まぁ,こういう変人がいるってことで,これからも宜しく。m(__)m
すいません。 (殺伐特攻隊)
2006-08-19 22:43:05
どう見ても素で頭がおかしく見える書き込みですが、翻訳すると、「あなたのような善良な人がいるおかげで私のように変わった人間がいることがはっきりします。どう見ても凡人です。ありがとうございました」という意味です。
師匠が迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。また、関係のぬるいコメントをたくさんつけて申し訳ございませんでした。
速水敏彦『他人を見下す若者たち』 (kaetzchen)
2006-08-19 22:44:11
てな本が講談社現代新書から出ています。三太郎さんの「むしろ最後にわざと降参したほうが、相手の心に言葉が届く場合があるとすら考えている。」という経験論がそのまま書いてありますよ。

どうもネットウヨの連中って,自分が「悪い」と思うと「キレて」,自分が「一番賢くて」他人が「失敗するとうれしくて」という,非常に甘えん坊というか,竹刀で根性を叩き直したくなる感じがします。んで,コンピュータの上では元気なのに,リアルになると「役に立たない」,だから上司から見ると「何だこいつら」てなことになるのかな。

まぁ,私は少なくとも「ネットウヨ」ではなくて,その逆の「ネットウヨに攻撃されるオジサン」ですから,安心して下さい。使ってるワープロも「一太郎」ですから(笑)

そうそう,三太郎さんの「というわけで、僕はコメントにはコメントしない。論争が苦手なのである。恨まれるのも嫌いだし、勝つのも負けるのも嫌いである。もっと言えばブログの例の「コメントありがとう」とかいう「挨拶」も苦手である。苦手だからしたことない。」は気にしてないから。私が単に口が多いだけ。まぁ,いろいろ書いたことは,ヨーロッパの多様性を考える上で大切な概念ですから,頭のすみにでも置いておくと良いかなって思います。文科系の人にこういうと失礼かも知れないけど。m(__)m
すいません。 (殺伐特攻隊)
2006-08-19 22:45:36
また師匠が連投しているようで。どう見てもネットウヨ以上です、ありがとうございました。
またキチガイが来た(笑) (kaetzchen)
2006-08-19 22:48:10
あ,この「殺伐特攻隊」っていうのはキチガイ(薬殺した方がいいかな(笑))だから,削除していいよ。編集メニューの「アクセス制御」に登録しておけば,二度と来ないから(笑)

# 動物を殺すのが仕事だったもんで。
すいません。 (殺伐特攻隊)
2006-08-19 22:51:00
師匠がご迷惑をおかけしているようで、もらるはざーどを起こしているようです。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/19(土) 22:52:32|
  2. Kaetzchen様を観察する|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

imaichi

07 | 2006/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。