(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

基地外・電波・コミュニケーション

私は、インターネットにしか人間関係をもっていない人を電波として扱っている。
 これには異論が多いのだろうが、まず、電波について整理するところからはじめようと思う。電波というのは「表現する基地外」の同義語として使われることが多いと私は感じており、私もまた「表現する基地外」として電波という言葉を使おう。

インターネットだけしか感情や考えの表現媒介を持たないものは、まあ、基地外である。人付き合いが嫌いなことはさほど異常ではないが、人と顔を合わすことが完全になくなってしまっているという人間は基地外である。対人関係を遮断してしまった人を私は基地外と考える。しかし、多くの場合、ネット粘着野郎はここまで対人関係を絶ってはいないだろう。
 というわけで、少しだけ緩やかなケースを考えてみよう。私が基地外扱いする人間は、常識的なライン(確定的なものではない)からものすごくかけ離れたことを言っているにもかかわらず、それをごく当然のように話し、何ら他人を説得しようとしない者のことである。むろん、そういう基地外にも仲間ができることを考えると、そこにある閉鎖性というのが数の問題でないことはわかる。そこで、この人たちは「俺たちもコミュニケーションをとっている」と考えるかもしれないが、私は、この現象を「感染」と見る。元来、基地外的な気質をもった人たちが表現する基地外=電波の声で感染するわけである。この基地外たちは表現することが当然の権利として許されていると考える節があるが、「話すことが許されている」ということと、「話す内容が認められる」ということが決定的に違うことをまるで理解していない。うんこを撒き散らしていながら、他人がそれを理解しないことに激怒する。常識人が直感的に理解できないことを、説得するわけでもなく、ただ単に垂れ流して、憤慨する。インターネットでよく見かける基地外は、このような人たちである。その人は表現しているわけだから、電波である。
 ・・・なお、ここに書かれていることを見てまじめに憤慨するやつも基地外であるといってよく、深く感銘したりする人間がいるとしたら基地外というよりも知能が腐っている、ということも付け加えておかなければならない。
スポンサーサイト
  1. 2005/01/31(月) 19:28:00|
  2. 電波について|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<毛唐ポール・グライス | ホーム | 集合論>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imaichi2you.blog4.fc2.com/tb.php/17-ac83e48a

imaichi

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。