(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

寛容のヴェールをまとって全部自己完結した話し方をする人間に対する嫌味

よく「・・・と思う」と信念を表明した後で、すぐに「でも、それは俺(私)の考えだからおしつけるつもりはなくて」と自己弁護に走る奴がいる。
 しかし、これは奇妙な言い分だと私は思う。「私は思う」と書いた時点でその「私」の考えであることは当たり前で、なぜ、それを再確認しなければならないのかわからない。また、言いっ放しにしたところで強要に当たるとも思われない。何か物を言い、それがおもしろければ、あるいは正しいと感じ取られれば高く評価されるし受け入れられるだろう。逆に、つまらないと思われれば無視されるなり、反論されるだろう。ただそれだけの話なのである。
 ではなぜこのようなことばを付け加えるのか?
 それは単なる自己弁護なのではないかと私は思う。
「私の考えだから、押しつけるつもりはない」という但し書きは、暗に、「私はおまえの言うことを聞くつもりはない」という意識の裏返しなのではないかと思われる。
 本来、互いの言い分を交わす、という活動にはメッセージを交わし、互いに互いの変容を迫るというプロセスが包含されている。これが「コミュニケーションをとる」ということの本質だと私は考えている。でなければ、なんでわざわざ場合によっては不快な思いをしてまでメッセージを発し合わなければならないのか?
 だから私は、自己完結した話を聞くたびに、「じゃあ、おまえがいま喋っていることを理解しようとするのにかかった時間と機会とを返せ」と思う。強要するも何も他人にメッセージを発することが、その相手の機会を奪い、趣味嗜好・思想に影響を与えているのである。そこまでしていながら。「押しつけるつもりはない」と身を引くのは、話し相手をなめているからだろうか? それとも一方的に自分の言い分だけを伝えようとする傲慢な意識の現われだろうか?
 そこにはいっぺんの寛容もなければ知性もない。むしろ、そんなものはただの傲慢さで、「死なすぞ」という感慨しか巻き起こさないのである。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/28(土) 19:06:22|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<人間を振り回す本姓を備えた人 | ホーム | あー、もう切れてきた>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imaichi2you.blog4.fc2.com/tb.php/187-f6362904

imaichi

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。