(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

くだらん選挙の宣伝がテレビで流れているが

あまりにも具体性を欠くお話ばかりで興味がわかん。マニフェストとか何とか言っているが、あんなもの見ても一向に将来への展望なんぞ見えてこない。
 選挙の季節になるときだけ政治に対して妙に関心を抱き始めるミーハーと、普段から反体制を気取っていてデモをやっている暇があるなら仕事でもしろ的バカとが鼻息を荒く、日本への未来を考えたり妄想したりするわけだけれども、私はこんなところに民意なんて反映されていないと思う。だって、この人たち、なにひとつとして生産的なことをできそうな感じじゃないもの。
 改革だのなんだのうるさい。他にやることあるだろう。それも福祉とかそういうことの前に。こまごまと。もちろん、そういう小さなことをたくさん提示してもインパクトに欠けるし、細かい話をしても理解できない人間が多数だと思っているから細かい話はしないんだろうけれども、大きな話を大枠だけ話されても違いがわかりませんから。違いがわからないのにとうとうと理念を述べ立てている人がいて、それを聞いて、激しく起こったり興奮したりしている人間がいることに正直驚く。
そんなにも世の中には暇な人があふれているんだろうか。私は目の前の仕事を片付けることだけで忙しいというのに。暇な時間があるなら、こういうふうにブログを書いたり、読みたい本を読んだりして有意義に時間を使う。
 え? 何を考え、どういうふうに行動したいと思うかは個人の自由だって?
 それは認めたっていい。いや、むしろ積極的に認めよう。どこの政党の言い分を支持して誰に・どこに投票をすることに確かに意義はあるだろう。
 せいぜいが、私がブログを書いたり本を読んだりする「趣味」の程度には。それ以外はあまり有効性を感じられない。
 そもそも急激に世の中を変えようという考え方自体にリアリティを覚えない。
 ・・・私は会社に通うようになり始めてから、早起きする習慣を身につけようと必死で努力をした。ところが、大学時代に体の奥底に染み付いた怠け癖はなかなか抜けてくれない。毎日毎日朝起きることが辛く、無理して起きると絶望感が襲ってくる。四月に入社して、そろそろ十月かという今になって、初めて体が満足に言うことを聞いてくれているというような状態である。
 情けないことだが、別に朝起きるのが辛かった話をしているわけではなくて、環境が変わったからといって、急激に今までとってきた行動を変えることはむちゃくちゃ難しい。しかも、これはたかだか個人の小さな生活習慣を少しだけ変えることに過ぎないのである。
 もっとも、この話は個人のレベルの話だから組織→国家と安直に輪を広げていくことには飛躍がある。もちろん。
 次に、会社のことでも考えてみようか。会社にコンサルタントが入り、業務改善を担う、ということは最近ではよくあることだが、コンサルが入ったからといって(そして、それが最良のコンサルタントであり、最良の解決策をとりえたとしても)いきなり組織が180°変わるなどということは・・・まあない。そんな夢物語のようなことももしかしたらあるのかもしれないが、そううまくいかない例のほうが多いんだよ、圧倒的に。将来の見取り図ができたとしても、ちょっとずつしか事が進まないし、そうこうしているうちに環境はまた変わる。そんなことをしているあいだにも刻々と時間だけが過ぎて、満足いく結果が得られない・・・なんてことはざらだ。
 国家はどうなんだろう? 「改革」したから、といって何かが変わるのか? ましてや「偽の改革」だからといってどうだというのか? 本当に問題にするべきことはおそらく違う。どちらにも感心しないし、そもそも関心もない。一言で言ってつまらん。ひとつ私が確信しているのは、理念を語るだけの電波を何人集めようと物事は何も変わらないし、変わるのだとしたら、何か別の要因があるのだということだ。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/10(土) 00:53:57|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<珍しく | ホーム | 私は会社も労働も嫌いだが>>

コメント

これからは、ひっそりと物陰から香ばしい人々を生暖かく見守って逝きたいと考えます。

 リベラルぶっている人々が究極的には権力に訴えにいくようです。一番権力から遠いはずの人間が権力と結託するというのは見事なお話です。何も物を考えないで陰謀論を吹きまくることは許されても、ちょっと毒気のある口調で批判を書くことは許されないのですね。愉しい世の中だこと。
これからもこんな世の中に絶望せず、真に自由であるとはどういうことかということを常に考えながら、日々を過ごして逝きたいと考えます。
  1. 2005/09/17(土) 12:45:29 |
  2. URL |
  3. ウンコ(女) #jyWdJXPY
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imaichi2you.blog4.fc2.com/tb.php/249-3a1fb94b

imaichi

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。