(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

仕事をしています。

あ~もう、たかだか○○万円の月給をもらうために、なんでこんなに仕事せなあかんのだ? と思う。時給1000円切ってるじゃないか(笑)。とはいえ、そのくらいの仕事しかしていないといえばしていないといえる。
××××が書いた文章を読んでいると、お金というのは会社が勝手に作って勝手に売っているのものなのかと思えてくるときがある。これだけ働いたんだからもっともらってもいいはずだ、という議論である。ところが、実際に「これだけ働いた」という働き度合いを、会社が稼いでいる粗利に対する貢献率(間接部門をどう評価するのかということが重要だ)に変換しなければ、ほんとうに「これだけ働いた」かどうかさえわからない。会社の稼いでいる金が少なければ、なかでどれだけがんばったって金をもらえなくても当然だ。
 次に、直接部門と間接部門がある。私の会社などでも間接部門の人間はパフォーマンスが低くて対応がいちいち遅い上に、早く帰るし、その割にはそこそこ給料をもらっているという評価を受けている。おそらくそれは事実だが、気の毒に。間接部門だが、ここは難しい。直接部門の人間は間接部門の人間の貢献度を低く見積もるだろう。しかし、もしかすると、間接部門は直接部門の仕事を効率的に勧められるように機能しているかもしれないのである。
 会社のサイズにもよるが、私は、個人的に間接部門にはむちゃくちゃ優秀な人が少数で切り盛りして高い給料をもらう形がいいと思われる。そして、間接部門でだらだらと「明らかに無駄な仕事をしている」人間の首を切ってしまうことが重要だ。
 営業系でも、役に立つ人間と役に立たない人間が出てくる。役に立たない人間の首も切ろう。管理のできない管理職の首も切ろう。
 そしたら、もう少し金がもらえるようになるかもしれない。ただ、全部一度にやったら会社グチャグチャになるだろうけれどもね。それに、給料が少ないとぼやいているあなたも残っているかどうかもわからないのだろうし。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/19(土) 11:35:17|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<自己実現!!万歳!! | ホーム | 「自分で考えてみる哲学」を読む>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imaichi2you.blog4.fc2.com/tb.php/261-b82a237d

imaichi

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。