(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大学在学中にやろうと思っていたことの多くをやり遂げる寸前の、記念エントリー

大学へ入ったとき、なんてつまらないところに来たのだろう・・・、と寂寥感に襲われたことを覚えています。ただ、それは、環境の変化にうまく対応できなかっただけのことでした。(間違いがない限り)卒業することになったいま思い返すに、これほど有意義な期間はいままでにありませんでした。どれくらい有意義だったかというと、小学生・中学生・高校生のときと同じくらいでした。
 このように書くと、香ばしい電波が吊れる気もしますが、吊りではなく、事実です。ただし、私も義務教育や半義務教育課程で嫌な思いや不安を味合わなかったわけではありません。だいたい、義務教育課程ないし半義務教育課程のおちこぼれさんがたは、そこそこの道を行っている人はみんな教師にロボットのようにしたがったり文句も言わずに勉強ばかりしていると思っていたりするようですが、そろそろこの種の進学校の実態を何も踏まえない紋きりはやめていただきたいものです。ひとつのことを勉強してかろうじてひとつのことができる人間と、二つ以上を覚える人間と、何もできない人間とのあいだに広がる大きな溝・・・知能の差を考えてもらいたい(笑)。おっと、話がそれた。
 ウンコーなことは確かにたくさんございました。だからといって、いまさら否定する気にもなれないというだけです。全否定はガキの所業です。自分自身を形作るものをちゃんと認めましょう。私は、無駄なだけではなく、有害なことにもしっかり時間を使いましたが、有害なことが有害だとわかる程度には世知が身についたという意味で、今となってはあまり後悔していません。いや、もちろん、現代思想関係の本を買ったことは、ほとんど詐欺に遭ったような体験であると思っていますが、それさえも『知の欺瞞』のインパクトがわかるという意味では有益でした。ウンコ万円という被害額は学生の身分としては惜しく感じておりますが、授業料としては安くついたのではないでしょうか?
 それはともかく、自分で立てた目標のかなりを消化できそうな勢いです。といっても、最低ラインをやっとこさ超えるか超えないかというあたりなのですが。それでも、そこそこの結果が出せそうで、ちょっぴり満足しています。 
スポンサーサイト
  1. 2005/02/04(金) 01:21:53|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<『脳と心をあやつる物質』というブルーバックスの本について | ホーム | 中学生で習うくらいのことができていない高校生を拾って入学させる大学のやりかたについて>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imaichi2you.blog4.fc2.com/tb.php/29-0f2eee08

imaichi

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。