(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

代替療法に頼って死ぬバカ

 近代医学で治らないことがあるからといって、わけもわからない代替療法に頼る神経というのはどこから来るのだろうか? 
 世の中には馬鹿があふれている。科学で対策をするのが難しいからといって、疑似科学に効果があると思うのは「どうしようもないバカ」なのだ。娘をそうした代替療法の団体に預けて死なせてしまった親がテレビに出ていたが、気の毒だと思う一方で、どうしようもないバカだと思う。
残念だけど、そう判断せざるを得ない。私の知ってる人で、自分は医者の癖に最後の最後には代替療法にすがりついた人がいた。でも、そんなものは病気に対する解決策でもなんでもなく、魂の救済策というか、ほとんど宗教なのである。その人は、末期がんで、近代医学でも助からないような状態だった。そして魂の救済へと走ったのである。
 こう言ったからといって、私には、近代医学の限界を示そうとする意図もなければ、代替療法を肯定的に評価しようという気もない。医者や病院は病気を治そうとする装置であり、魂の救済を目的になどしていない。逆に、近代的な医学に基づかない代替療法には魂の救済なら望めるかもしれないが、病気を治すことは望めない。
 数少ない可能性に賭けたくなる気持ちはわからなくもない。しかし、残念ながら、奇跡は容易くやってこないのだ。容易く見つけられる近道があれば、誰だってそこを通る。人が通らない道には通らないだけの理由があるということだ。
 近代医学に拠ればましな策を打てたにもかかわらず、代替療法という近道に頼る人は科学の重みを忘れており、奇跡を安易に信じすぎている。魂の救済を願うならばそれもよい。けれども、打てる手があるなら奇跡に頼るのは賢くない。できることが他にあるからだ。
 同情できないこともないんだけれども・・・やはり、疑似科学に走った、という点では容認できないのだ。実害も出たわけだし。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/18(水) 23:06:27|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<酔狂人語る、お笑いップゲラ経済学 | ホーム | 処方箋は陰謀論>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imaichi2you.blog4.fc2.com/tb.php/302-0cd526cf

imaichi

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。