(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

酔狂人が語るお笑いCSR

さて、私管理人が粘着して愉しんでいるお方酔狂人様が、ミルトン・フリードマンがCSRを批判しているくだりを指して、
「社会的無責任」
とかはずしたことを言っている。お見事!! ここ(のびたの経済学お勉強ノート)で引用されている部分を再度引いてみよう。


法人企業の役員が株主のためにできるかぎりの利益をあげるということ以外の社会的責任を引き受けることほど、われわれの自由社会の基盤そのものを徹底的に掘り崩すおそれのある風潮はほとんどない。これは根本的な破壊活動の教義である。もし経営者が株主のために最大の利潤をあげるということ以外の社会的責任を実際にもつとした場合、彼らはそれが何であるかをどうやって知るのであろうか。仲間うちだけで選ばれた私的個人が社会的利益の何たるかを決めることができるだろうか。彼らは社会的利益に奉仕するために、どのくらい大きな負担を自分たち自身または株主に負わせるのが正当とされるかを決めることができるであろうか。厳密に私的な集団によってその地位に選ばれ、現在たまたま特定の企業をあずかっている人びとによって、そうした課税、支出、および統制の公的機能が行使されてよいものであろうか。もし経営者が株主の雇人ではなくて公務員であるとするならば、民主主義のもとでは、遅かれ早かれ、彼らは選挙と任用の公的手続きを得て選ばれるようになるであろう。

これのどこが無責任なんでしょうね、酔狂人先生? 毎度毎度の事ながら知ったかぶってお里が知れるようなことばかり言ってると恥を晒すだけですよ。ここでフリードマンが言っていることは非常に簡潔かつ明瞭なことであって、
①企業の経営者は、身内の利害関係者から、一番会社を儲けさせてくれる人ということで選ばれている。
②その経営者は、自社の利益に関わる人たちによって選ばれているけれども、選挙で選ばれたわけではないから、社会の利益を代表していると(制度的に)保障されているわけではない。
③経営者は、普通、社会全体を視野に入れて活動しなければならないような使命を与えられてもいなければ、そのような能力も保証されていない。
④しなくてもいいし、そもそもできるかどうかさえ誰も保障していないような人に社会的責任なんて任せていいのか?
 こんな流れである。無責任どころか、非常に倫理的かつ筋の通った説明である。やれるかどうかわからないうえにやらなければならないわけでもない人間に責任が負えるはずが無い、というのだから。責任は、もてる範囲でもつべきなのである。
 餅は餅屋という。「うまいラーメンが無い」という理由で餅屋を非難するのは、せいぜい基地外くらいだろうと思われるのだが。 
スポンサーサイト
  1. 2006/01/25(水) 21:56:12|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ライブドアを虚業呼ばわりする前に | ホーム | 酔狂人語る、お笑いップゲラ経済学>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imaichi2you.blog4.fc2.com/tb.php/304-3c4692a6

imaichi

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。