(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

kaetzchen様:理科系の論理を勉強する

テキストはこれ。学士様は毎度、私たちに、思考の質の根本的転換を図るように強いてきますが、この記事はまさしくそうです。
ちなみに新聞記事のネタとなっているのはこの調査ですが、私のように無教養な人間にはこの調査自体が洗脳の道具だとは思えませんが、とにかくそのようです。まあ、しかし、この数表自体は私のような無教養な人間でも読めますし、加工もできますので、非常に有用ではないかと思われます。

最近の公立図書館にはマンガどころか映画の DVD を置いてある所が多い。反面,『JIS ハンドブック』『日本薬局方』のような真面目な工学書や,「東亜日報」など外国の新聞を置いてる図書館は非常に少なくなって来た。
 結論から言うと,小学生が図書館で借りた本は活字の本ではない。マンガなどの「娯楽本」が殆どなのだ。

と学士様は書かれています。いったい、JISハンドブックをどれくらいの人が読みたいのか疑問に思われるのですが、学士様のような教養の持ち主は、JISのハンドブックやISOの品質マニュアルのようなものも愉しく読めるのでしょう。私のように無知無能な人間としては、このような価格が高くて需要の低いJISハンドブックのような本を置くことと、映画のDVDを置くことの費用便益の比較をやってもらいたいところです。きっと、学士様のように優秀な方であれば、ものの五秒で済ませることでしょう。そんな知的好奇心をお持ちの方であれば、むしろ、自費購入されればと思います。・・・そもそも、昔の図書館にはJISハンドブックが置かれていたのでしょうか?
 学士様の引用を続けましょう。

似通った記事が読売新聞にも出ていたが,朝日新聞と同様,借りた本の「質」については全く触れていない。ましてや,「朝の読書」「郷土史調べ」くらい,学校の図書室で十分に間に合う。つまり,これらの記事はどちらも「読書離れ」という事実を覆い隠そうとしている,でっちあげだと断定することができるのである。

 これは大層誤解を招く表現です。もともとの統計調査を見てもらえば判ることですが、貸出図書の内訳というデータはございません。元々調査の内容に無いものをどのように記者が記事にすればいいというのでしょうか?
 さらに、引用元の記事はこのような表現を用いています。

文科省は、01年に「子どもの読書活動の推進に関する法律」が成立したのがきっかけになり、始業前に本を読む「朝の読書」が各校に広がり、学校と地域の図書館との連携も増えたためと分析している。

 記者が考えたわけではございません。文部科学省の分析です。あくまでも。
「インターネットのゴミ溜め化について、ネットウヨが俺の頭にわいているためと学士様は分析している」と私が書いたとすると、下線部を私が考えたことになるのでしょうか? 私は日本語についての考え方を根本的に改めなければいけないものでしょうか? 文部省の見解はともかくとして、新聞社が文部科学省の言い分を正確に伝えている限りにおいて、記者は事実を正確に伝えているのであり、でっちあげ等到底当てはまらないと思いますが、やはり、ここにも私のような無学な人間にはわからない理屈が隠れているのでしょうか?

私たちは日常感覚でものを捉え直す必要がないだろうか。大マスコミの言うことをそのまま信じ込むと,いつかはまた戦争に巻き込まれ,大きな不幸を背負うことになるだろう。朝日新聞も右傾化が極まり,また戦前と同じ道を歩み始めてしまった。私の家系は創刊時からずっと朝日新聞の読者なのだが(英字も含めて),亡き祖父がいつだったかこんなことを言っていた。「朝日が右を向くと戦争が始まる」。夏になると,私はこの祖父の遺言を思い出す。

 普段、洋書を読まない奴に発言権はない、あなたはハウトウ本しか読んでいないというような口調で、他人を権威的に批判する学士様のことばとは到底思えません。なにか心境の変化でもあったのでしょうか?
 ここでは、「大マスコミの言うことをそのまま信じ込むと」と学士様はおっしゃられていますが、正確には大マスコミが伝える文部科学省の役人の言い分を信じるとであり、もう少し詳しく見ていけば、大マスコミが伝える文部科学省の役人の言い分(おそらくどこかのシンクタンクが調査した定量的な調査結果に対し、官僚機構が下した無難な解釈)をそのまま信じるとになるでしょうか。学士様は略語がお得意ですね。
 このようなことを言っていると、ヴァカが、朝日新聞様は官庁統計を反駁するに足る調査を行うべきで、批判的精神なしに国家の言い分を伝えるべきではないのだ、と言ってくるかもしれません。しかし、そのような要求と学士様の記事の解釈とはひとまず無関係です。朝日がそのような調査を実際に行うことができ、実施し、そのうえで統計を評価するならば、それに越したことは無いかもしれません。そこまでやるなら、私は迷わず朝日新聞の購読者になるでしょう。しかし、それはこのエントリーにて、学士様が発するメッセージとはとりあえず無関係の事柄であるとだけ言っておきましょう。
 私のように無知な人間としては、数字を見ただけでは文部科学省と同じ認識には到達できない、という感じで、学士様のご意見も文部科学省の見解もどちらも賛成しかねるといった状況でしょうか。より一層の調査をお願いしたいところです。

 ここで、とりあえず、この記事の正確なメッセージ性を把握せずにヴァカなコメントを付けたヴァカを紹介いたします。

Unknown (華氏451度) 2006-07-22 17:02:13
>「朝日が右を向くと戦争が始まる」
至言、だったりして怖い。

ははあ、最近の小学生はマンガまで図書館で借りるのですか。帰る道々めくっているうちに、読み終わってしまうだろうに……。

それにしても最近の公立図書館の質の悪さは目を覆うばかり。住民税返せ~。
ダレル・ハフ (喜八) 2006-07-22 17:47:08
そういえばダレル・ハフの『統計でウソをつく方法』という名著がありましたね。
読み返したくなりました・・・。
本をきちんと読んでいたら (バジル) 2006-07-22 23:06:37
子孫を『こまご」と読んだり改行が読めないわけありません。

 目を覆うばかりにアホなのは誰ですかね?
 まず、アホで有名な華氏451度ですが、ゆるいコメントなので見るべくもございません。氏ね。
 次に、喜八氏ですが、ダレル・ハフ云々の前に、まず、調査結果自体を読んでくださいね。
 最後にバジル氏ですが、そのコメントは、実態を調べない限り、あるテストで偏差値38の子の実態を見て、学力水準全体の話をするようなものです。氏ね。
 このように、学士様自体はものすごく優秀にもかかわらず、取り巻きは阿呆ばかりです。残念です。華氏451度氏や喜八氏やバジル氏は超イデオロギー的にかなり頭が悪そうなので、首を吊っていただきたいと思います。
 そして、学士様ですが、この記事を読んで、改めてその深い教養と暗号化能力に脱帽いたしました。この感動を多くの人に伝えたいと思います。
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/0425bc05c969c055d9fef7d16eef851f/14
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/68849c56065a1a8333c9c08120ea989c/1e
http://kihachin.net/klog/archives/2006/07/syukenzaibei_1.html
http://sun.ap.teacup.com/applet/souun/123/trackback
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/2f931766f2cdf5b4a010fe9625e92b94/1d
スポンサーサイト
  1. 2006/07/22(土) 23:30:08|
  2. 雑感(あるいは愚痴)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<kaetzchen様:さすがです。 | ホーム | 仕事が忙しくて>>

コメント

>最近の公立図書館にはマンガどころか映画の DVD を置いてある所が多い。反面,『JIS ハンドブック』『日本薬局方』のような真面目な工学書や,「東亜日報」など外国の新聞を置いてる図書館は非常に少なくなって来た。

> 結論から言うと,小学生が図書館で借りた本は活字の本ではない。マンガなどの「娯楽本」が殆どなのだ。

以上はkaetzchen様のエントリーからの引用です。

すみません、不勉強な私が言えることでもないのですが、kaetzchen様の言われているような傾向はどのようにすれば調べることが出来るのでしょうか。
小学生の借りている本の内容を調べることや、公立図書館においている本の内容の傾向を知るにはどのような方法を持ってすれば一個人が調べることが出来るのでしょう。
私もこのような傾向を調べることが出来るのならば、ぜひその手法を教えていただきたいです。

文部科学省のHPで10分ほど探してみたんですが、どうにも資料が見つかりませんでした…

kaetzchen様がそのようにおっしゃる以上、事実はkaetzchen様の言われるとおりなのでしょうが…できればその根拠となった資料を教えていただけると幸いです。
  1. 2006/07/23(日) 00:52:35 |
  2. URL |
  3. hagunnsei #mmIiYL3o
  4. [ 編集]

あ、ちなみにこれは見つけたんですが、これだけだと図書館においてある本の内容や小学生が借りた本の内容まではちょっと分からなかったもので。

http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/004/h17m/002.htm
  1. 2006/07/23(日) 00:59:27 |
  2. URL |
  3. hagunnsei #mmIiYL3o
  4. [ 編集]

図書館関係の協会がございまして、そこなんかを当たるともう少しデータが取れるかもしれません。「図書館法」で検索するとヒットしますよ。
  1. 2006/07/23(日) 12:07:52 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imaichi2you.blog4.fc2.com/tb.php/403-21240c4e

imaichi

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。