(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

安倍をやっつけろKaetzchen様!!:どうみても「統計のウソ」です、ありがとうございました。

20060725232946.gif

「出典」「人口動態統計」厚生労働省大臣官房統計情報部

以下は、Kaetzchen様のブログのコメント欄からの引用です。日本語が難しすぎてうまく読めませんでした。

yoiti さん,良いことに気付きましたね。そうなんです,三菱重工も石川島播磨も軍事部門に関しては黒字は出ていません(防衛費から補填されますので,実際には赤字にはならない)。

但し,どこの先端技術企業でも研究開発部門は常に赤字です。私自身,とんでもない額の開発費を使いまくって,こんなことしていて良いのかなと疑問に思ったことさえありました。

つまり,メーカーには経済学的な理念では把握できない,執念というものが必ずあります。例えば自動車産業で言えば,広島のマツダがそうですね。ロータリーエンジン車を普通の車と同じ燃費にするまで,開発に何十年かかったでしょう。1台たかが350万円程度の価格では,とても釣り合いません。トヨタもプリウスをとりあえず市場に出してみて,中国で売れた;それならエンジン全体の重さを軽くして3ナンバーから5ナンバーへすれば,自動車税も安くなり,価格も下がって発展途上国にも普及するだろうと踏んだ訳です。経済学的な理念は常にあとからついてくるものなんです。

少子高齢化というのは,実は言葉のトリックで,先日書いた「統計のウソ」なんです。もともと,子どもが少なくなったように見えるのは,第二次大戦直後に大量に生まれた団塊の世代と,団塊ジュニアとの間の私たち40代の人口が急激に減ったからで,その私たちの世代の子どもが少ないのは当たり前の話なんです。ましてや,団塊ジュニアは子どもを作らなくなりましたから,余計に少子化神話が増幅されているだけの話。高齢化も同じで,地方の過疎地や地方都市には公務員以外の若者がほとんどいなくなってしまい,老人だけしか残っていないという過疎化がまず挙げられます。団塊の世代が一気に年金生活に入るので,数字の上で「高齢化」が起こるだけの話で,根本の原因は過疎化にあるんですよ。

また,尖閣諸島はもともと中国のものです。琉球王国と中国との貿易の中継点だったところですね。yoiti さんも少し,中国の歴史を学ばれた方が良いですよ

驚愕の事実!! 企業の研究部門は赤字・・・ってコストセンターだろ、もともと。研究開発自体で金とってるのかよwww。それに、長期的に研究開発で元が取れなくなる・・・結果的に利益が稼げなくなったら、その「先端企業」とやらは潰れるんだよwww。稼いでいない企業は潰れる。稼いだ金を研究投資に回す。研究投資は金を使って、研究する。その成果を企業は利用する・・・ってだけじゃねえかwww。少子高齢化は統計のトリックだった・・・って子どもが減ったら高齢化するだろwww。高齢化ってジジイがぽこっと生まれることなのかよ。過疎って・・・少子高齢化は地方だけの問題だったのかwww。
・・・と私にはまともなコメントがつけられません。
どうみても無学です。ありがとうございました。無学でよかったです。こんなにもたくさんの驚きに出会うことができて。
いやはや、私のように無学の者には脅威の事実ばかりで驚いてしまいます。
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/87ecf5bbce3769dd40f62329ee32c06a/54
http://minnie111.blog40.fc2.com/tb.php/125-1345841e
スポンサーサイト
  1. 2006/07/25(火) 23:38:30|
  2. Kaetzchen様を観察する|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
<<モラルハザード問題以降:Kaetzchen様と重篤な池沼と今後の私の立ち回り方について | ホーム | 某学士様のサイトで>>

コメント

どう見ても

下降トレンドなのですが、少子高齢化は「統計のウソ」です。ありがとうございました。
  1. 2006/07/25(火) 23:50:16 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

えええええっ!!!!!

統計の嘘っていうか…それは数字を出していないし根拠は示していないし反証されちゃってるし…単なる嘘…にしか見えない…んですが…

いやいやいやいやいやいやいやいや!!

Kaetzchen様のおっしゃることです。
ここにも何かきっと深い訳があるに違いないですね。

あやうく私の自我が崩壊しそうになりました。
Kaetzchen様はときどきこういう読者を試すようなことをされるからエントリーを拝見するのも気が抜けません。

私の知性ごときではKaetzchen様の出される問題は解くことは出来ませんが、問題点なら見つけることが出来たように思います。

それはずばり、難解な日本語です!!!

以下、引用


子どもが少なくなったように見えるのは,第二次大戦直後に大量に生まれた団塊の世代と,団塊ジュニアとの間の私たち40代の人口が急激に減ったからで,その私たちの世代の子どもが少ないのは当たり前の話なんです。ましてや,団塊ジュニアは子どもを作らなくなりましたから,余計に少子化神話が増幅されているだけの話。

引用終わり


分析すると…

①団塊の世代と団塊ジュニア世代の間の子供が少なかった=その世代の子供は少ない

②団塊ジュニア世代は子供を作らない=団塊ジュニア世代の子供は少ない

・・・・・・・・・要するに団塊の世代以降子供が減ってる・・・・・・・・ということしか出てきません・・・・・・・

それとも、これから増えてくるということを仰ってるんでしょうか?

う~ん…やはりKaetzchen様の仰ることは難解です。

ちなみに、私と管理人様は勝手ながらもKaetzchen様にいくつかの質問をしました。(以前はこのブログに書き込みをされていたので)

Kaetzchen様は何も答えていただけませんでした。

Kaetzchen様は自己のブログで悪魔の証明を要求されました。

管理人様は今回反証を示されました。

Kaetzchen様はお答えになるのでしょうか?

私の中で極めていけないことだ、危険なことだと分かっていながらKaetzchen様への信頼・信仰・尊敬が揺らいでいます。

ぜひ、お答えいただきたいものです。

Kaetzchen様の知識・知性をもってすれば私や管理人様の疑問・反論など一蹴されること間違いありません。

期待して待っています。
  1. 2006/07/26(水) 00:04:49 |
  2. URL |
  3. hagunnsei #mmIiYL3o
  4. [ 編集]

いいえ

 勘違いはいけません。私は反証を示したつもりなどございません。反証に見えるのは私たちがおごり高ぶっているからであり、どう見ても反証です、ありがとうございました、と言いたくなる欲望を持っているからなのです。それを示しました。
 この世のつまらぬ事象を解脱したところに、学士様という存在がおられるわけです。ご自身でアホだアホだと罵られている政治家の、超国家的陰謀を描けるのも私たちのもつ無知無学のヴェールを取り除いたためと言えるでしょう。
 思考は、輝かしき思考は私たちの持つ狭い「常識」を、現実を、超克するのです。
  1. 2006/07/26(水) 00:12:40 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

なるほど!

すばらしい説明ありがとうございます。

私の中にそのような欲望があることは確かに否定できません。Kaetzchen様のような偉大なる存在を超えたいという分不相応な望みがないといったら嘘になります。

私は知性はありませんが、嘘はつきません。正直であることくらいしか価値の無い人間なのですから、それを失ってはおしまいですから。




  1. 2006/07/26(水) 00:20:02 |
  2. URL |
  3. hagunnsei #mmIiYL3o
  4. [ 編集]

またまた連続投稿ですみません。

ちょっと疑問があるので、書き込みさせていただきます。

Kaetzchen様は

> 日本は帝国主義国家である。この定義は間違いなく否定できないであろう。なぜならば,日本は歴史的認識において非常に無知である。これは日本人の一人として確実に宣言して良い科学的事実であろう。


>主に暴力団を中心とした乱獲によって,日本の領海の日本海にまともな魚がいなくなってしまった。ここ十年ほどの,エチゼンクラゲの異常な増殖は,実は魚がいなくなって,余ったプランクトンをクラゲが食べている証拠なのである。そこで,そういった科学的事実を認めたくない,暴力団の息がかかった「漁協」が政治家へ独島周辺を漁場として認めろ,と言い出したわけである。


といったように、「科学的事実」をいう言葉を使っておられるのですが、これはどういった意味なんでしょうか。

私などはKaetzchen様の仰ることは常に真実であると思っていたのですが、ここでは科学的事実という言葉を使っておられる。

調べたところによると、科学的事実とは「現在確証が存在する事実」であって、その有効な射程距離は依存する科学理論によって定まるもの、というような理解をしているのですが…
(この点に関しても間違っているならご教授くださると嬉しいです)

この理解を前提とすると、Kaetzchen様の言われる科学的事実はある科学理論によって提唱される事実であって確証を得たものであるはずです。
(私などからすると、Kaetzchen様ほどの権威をお持ちの方が科学的事実などと反証可能性を持った概念を持ち出すまでもなく、真実だといってしまってもかまわないと思うのですが、やはりKaetzchen様は理系の博士でいらっしゃるので、より公正であろうと自律なさっているその姿勢には感服するばかりです。)

私の疑問とは、「日本は歴史認識において非常に無知である」という事実が科学的事実と言えるのかという事です。

またまた私の無知のためにKaetzchen様に疑問を持つことになってしまい、私は自分が情けなくて仕方ないのですが…

「日本が歴史認識に非常に無知である」ということはどのような科学理論の裏付けがあるのでしょう。私のような浅学な人間からすると、このような事実は科学理論により導かれる(確証する)ものではなくて、単なる事実である、というように思われるのです。変動する可能性がありますし、直感的には一義的に決まることでも無いような気がします。(この点は少し調べてみようと思います。)
できましたら、その背後にある科学理論をご説明していただけるとありがたいのですが…

ちなみに、参考にしたのはこのページです。

http://www.genpaku.org/skepticj/science.html
  1. 2006/07/27(木) 23:41:25 |
  2. URL |
  3. hagunnsei #mmIiYL3o
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imaichi2you.blog4.fc2.com/tb.php/409-7a67c9a0

imaichi

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。