(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

美しい日本語を応援する

「自分って、他人って」
世の中には美文と呼ばれる文章がございます。しかし、本日ご紹介しようと思っている美文は通常の意味では美文とは呼べない代物であるかもしれません。日本語をある程度整合的に読もうとする欲望をもっていると、何を伝えたいのかが見えなくなります。逆に、何を伝えたいのかの部分を推し量って読むと、文章を真面目に読む気力を失ってしまいます。しかし、この行間から伝わる生々しい迫力。想像してみてください。「覚えたての文章でたどたどしく日記を綴る文盲」を。彼(女)に、萌えないヒトがいるでしょうか? そもそも、このブログの表題の下に書かれている「自然の不可思議な森羅万象にもまれる自分や他人の有様を見つめる」という文章自体がすでに、何か日本語として致命的なものを見せ付けているような気がしてなりません。
以下で、彼の文章を紹介してみましょう。赤字は私の感想文です。

戦争をしてはならない国
から、
戦争のいつでもできる国に
変更しようとしている安倍さん!
こんな人が、今度の総裁総理の有力候補になっているんだから、日本国民の頭の中はどうなっちゃっているんでしょうか?
私にはさっぱり分かりません?なぜか?マーク。おそらく、自分の考えていることが難解かつ深遠すぎて、把握しきれないためだろう。
戦争というものの現実感がピンとこないのでしょうか?
米国、アメリカ合衆国との太平洋戦争に至ったその事の始まりは、遠い異国での満州事変です。
遠い国、満州の地域での出来事は、人々に身近に迫る危機感がありませんでした。ですから、きっと他人事だったことでしょう。恐らく国内ではいつものように普通の生活で、普通に会社へ行き、普通に学校に行っていたと思います?
慌しいのは、マスコミやら、軍需関係やら、戦争そのものに関わる業界の方たちのみであったことでしょう?
それと同じくする状況が、今のそれ・・・です。
憲法うんぬん改正うんぬんと総理候補がほざいても、まるで他人事なのでしょう?
だから、この人を支持することができるのです。
常識を弁えている人ならば、とても支持できる訳がありません!
そりゃそうでしょ!武器による戦争を絶対拒否する時代から、戦争も厭わない時代へ入る訳ですから、否応なしにあなたも当事者になるのですから・・・
美しい国作りであろうが、他にどんなに立派な行いをする総理であったとしても、無知なる者たちを巻き込む、全てその一点でこの人の価値は、評価は、推し量ることができるのだ!
それが理解できない国民では、自業自得を招いたとしても何の不思議もない。安倍を支持する→戦争→国民が自業自得・・・だったら、別に何の問題もないじゃないですか。同意のもとで自爆というなら。

URUK NEWS イラク情勢ニュース

こんなニュースもたまには見てみましょう。ホントのところははっきりしませんが、プロパガンダでもあるので割引しましょう。
アメリカ軍のために戦闘服着て戦って、そして現地人の服を着せられて埋められていたんでは、立つ瀬がありませんな!
今の今まで平和のために60数年貢献して、武器生産者や戦争礼賛者や消極的戦争支持者や、一部利権をむさぼりたい勢力の彼らの手械足枷となってフンバッテきた「平和憲法」と言われる基軸法を改正しようとするのは、世界の信用を得るためにやってきた今までの折角の苦労を、長い間培ってきた信用が、一瞬にして水疱と帰してしまうことなのだ!中学生が接続関係の不透明な文を、無理やり訳したような美文ですね。
60数年もの間の平和維持をアジア各国(また右翼が特定アジアとアジアは違うなんて勝手に拵えた御託を並べるが、それでも敢えてアジア諸国としよう)
は一応認めてくれていた、なのにその信用はいっぺんに崩れてしまった。どういう根拠で。信用を築いていた、ということも、信用が一気に崩れた、ということも双方怪しげなんですがね。その一因の中核に、そして総決算として、この憲法改正が佇んでいる。
この一連の動きの中に(靖国、憲法、有事法制、共謀罪、イラク特措法、国民背番号制、個人情報保護法、等々)ドス黒く薄汚れた血液の塊(澱んだ自国本位思想を持つ、破壊願望ある人々)がいるのを、私は見逃さない!
全てこれらの事柄は、ある事が起こり得ることを想定しつつの準備として彩られているもので、そのある事に(戦争攻撃準備対外的威嚇論)アジアは戦々恐々とし、反省の足らぬ国日本!と認定するに至っているのだ!まるで日本語が不自由な人が心象を一気に吐き出したかのような、味わい深い美文ですね。読みにくいのと、直感的に理解しづらいところが難点であります。
これらは全て、一心不乱に、一生懸命に「戦争に至るを避ける」日本の行うべき努力を放棄していると看做されるものである。つまり、「いつでもやってやるぞ!」の高らかな宣言にも似たりする。戦争をとてつもない努力をして避けることをやめること=いつでも臨戦態勢なのぉ?
超大国の冠が付くアメリカは、アフガン、イラクと戦い、すでに刀は折れて、フーフー言っている。直接防衛に関わらなければ、意外と腰砕けのアメリカなのだ。
もう北朝鮮と一戦を交えるだけの武器はあれど、疲れて人材もお金も気力もない、世界の悪役、悪党の座を明け渡すことになるのは必定。主語は何ですか? アメリカを代入してみても私には意味が理解できないのですが。
あまりある武器を借りて、あるいは買って、憧れの(?)御大将の代行せんとするのが我が日本、悪役、悪党、悪童はボクサーじゃなくても強くなければならない。完全に意味不明なほどに美文です。あまりにナチュラルに脳みそがヴァカな美文ですので、読み取ることができませんでした。
本当の性悪な悪党は、優しい顔をして、涼しい顔をして、人を切る。
さて・・・・・・・・・・?。本当の性悪な悪党という文章に、本当に低脳な文盲バカの匂いを感じ取ってしまい、すいませんが、食べていたご飯を噴飯しそうになるくらい無駄に繰り返して噴いてしまいました。


スポンサーサイト
  1. 2006/09/12(火) 18:07:41|
  2. 電波について|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<美しい日本語を集めました。 | ホーム | へたれ乙武>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imaichi2you.blog4.fc2.com/tb.php/451-7558cca8

imaichi

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。