(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

夏の終わり、馬鹿の始まり:植草周辺の馬鹿「高橋博彦」

一人目の馬鹿
我々国民は、堀江貴文や村上世彰の逮捕で不用意に安心していないだろうか。マネタリズムの先鞭を切ったような彼らが罪に問われた時、国民は弱肉強食の株式社会の到来はこれで抑えられたと感じたかもしれないが、実際はアメリカの強圧により金融株式資本主義社会への転換が進められている。つまり、植草氏が狙われたのは、安倍政権が今までどおりの国益毀損の経済政策を進めていくということの証左なのである。

植草不当逮捕、陰謀論も噴飯物に近いが、この引用部分の経済的無知もすばらしいですこと。「堀江貴文や村上世彰がマネタリズムの先鞭を切った」って・・・あんたヴァカ?
 こんな無知で低脳な恥知らずのために、マンキューのマクロ経済学の第五版から引用しておきましょうか?

Monetarism:The doctrine according to which changes in the money supply are the primary cause of economic fluctuations,implying that a stable money supply would lead to a stable economy

英語は読めない人のために、書いておくと
「マネタリズムとは?:その学説によると、マネーサプライにおける変化が、経済変動の第一の原因である。それは、安定したマネーサプライがなされれば、安定した経済になる、ということを意味している」ということなの。これは経済の安定のために金融政策をとるという人の立場を述べることばなの。拝金主義者じゃないのよ。
 確かに植草さんは財政主義者だから、マネタリズム的な考え方には賛同しないだろうけれども、小泉改革主義に対する最大の批判者は「金融政策重視」の立場の人たちだったんだけれどもな。
 もし、今回の逮捕も国策捜査であったのなら、植草氏が二度も官邸から狙われるということは尋常なことではない。それほど彼の経済分析は国益に敵い、アメリカ万歳連中の心胆を寒からしめるものであるということである。しかし、植草氏が無実だとすればこれほどむごいことはない。
小泉政権の売国路線に憤りを持つ者ならば、植草氏の二度目の逮捕には目を光らせていなければならない。どう考えてみても強い違和感がありすぎる。彼の性癖が本当かどうかを考える前に、官邸サイドの謀略があったかどうかを考えた方がいい。つまり、植草氏の最近の経済言論が何を言っているかをよく知るべきだと思う。

おまえには植草氏の言っていることも、植草がどういう位置づけなのかもわかりはしないよ。

植草氏の経済理論は、私のような門外漢にとっては専門的
過ぎてわかりにくい箇所も多々ありますが、小泉におもねる
御用学者たちにとって、植草氏の言論活動は、経済学者とし
ての無能性を暴くに等しい恐ろしい存在となっています。つま
り、新自由主義経済に改変されていく我が国の構造改革を、
見て見ぬ振りをしている御用学者たちにとっては植草氏の言
動に戦々兢々としているということです。

 植草氏の専門的な分析能力は、我々シロウトが想像する以
上にその世界にとっては大きな影響力を持っています。そうで
なければ、手鏡事件などの実質的被害が曖昧で、ご本人の社
会的な信用だけが剥奪されるというような謀略は働かないと思
います。今回の痴漢事件も、ご本人の社会的信用を永久に失
墜させようとする謀略側の激しい意志が感じられます。

やっぱりわかっていないんじゃないかwww。ああ、恥ずかしい。恥ずかしいこの人のブログはこれ
で、植草擁護ブログはここ
スポンサーサイト
  1. 2006/09/18(月) 01:42:16|
  2. 電波について|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<不自由な日本語と遊ぶ | ホーム | 自分(朝鮮人orシナ人)って、他人(日本国民)って>>

コメント

いやぁ笑わせていただきましたwww

痴漢の冤罪で一個人の言論を封殺する政府…しょぼっ!
そんな政府が相手ならなんとでも言論を発表する機会は得られるでしょう。植草教授のとられる説は植草教授のみが主張しているものでも無いでしょうし、正直論文が残っていたら逮捕者のものであろうが何であろうが有用ならば参考にするでしょう。

まず順番を整理すると、とりあえず陰謀論を検討する前に本当に痴漢をしていなかったのかを検討するのが先でしょう?
していないのであれば冤罪ということで、警察のミスがなかったかどうかを検討する。
そして、どうも警察が故意に不当逮捕したということがはっきりしてきたら、その理由としてどこかから圧力がかかったのではないのかと検討する。
で、その圧力をかけたのがどうも政治家らしいということが分かってきたら、どの政治家が圧力をかけたのかを探す。
で、その結果御用学者が政治家を通じて圧力をかけたと判明すれば陰謀だったといえる。
これが普通の考え方ではないですかね?

ちなみに、植草教授の説の内容を理解せずに御用学者が戦々恐々としているのがなぜ分かるのかぜひ教えていただきたいものです。
もしかすると、万が一何か有用な思考法を使っていらっしゃるのかもしれないですからね。
今のところおそらく脳内超能力が働いたのではないかと思っていますが…
  1. 2006/09/18(月) 03:03:31 |
  2. URL |
  3. hagunnsei #mmIiYL3o
  4. [ 編集]

秋は

馬鹿を楽しむ季節と申しますし。
  1. 2006/09/18(月) 10:33:42 |
  2. URL |
  3. imaichi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imaichi2you.blog4.fc2.com/tb.php/455-bd94b6b9

imaichi

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。