(゚∀゚)殺伐で逝こう!!

デムパ(;´Д`)ハァハァ・・・中心的な内容。新聞記事や他のサイトから仕入れた情報でハァハァする。 (°Д°)ハァ?:けちをつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

うんこみちみちな格差論

ぼくらのアイドルはこう語ります。
 いわゆる所得などの格差拡大、階層固定化などが問題視され、議論になっているが、それらを肯定・支持する人たちがいる。さらに、ただ支持・肯定するだけでなく、いわゆる「負け組」や「ワーキング・プア」の人たちや、格差社会化を批判的にとりあげる人たちを見ると、「それは本人の自己責任だ」などと説教を垂れたりする。
 いわゆる本物の「勝ち組」「エリート」の人や、元からそのような考えだった人もいるかもしれないが、おそらくはそのような人たちの多くは、客観的に見ればいわゆる「負け組」、少なくとも「勝ち組」には属さない人たちではないか。にもかかわらず、その事実を受け入れられない、認めたくない。そのために、「負け組」を叩くことによって、「自分も“勝ち組”のつもり」か、あるいは「自分は“負け組”ではない」と思いたいのではないか。
 そのような人たちを、私は「疑似勝ち組」、あるいは「つもり勝ち組」と呼んでいる。
 「疑似勝ち組」は、普通の「負け組」の人たちよりも、実は惨めで哀しい人たちである。




komichiちゃんが必死に考えた文章なんでしょうが、この時点でもいくらか突っ込みどころがある。まず、このkomichiちゃんは次のように論を展開するんですけど・・・

格差社会を肯定する奴がいる。
格差社会を肯定する奴の中には、負け組を見ると、「自己責任だ」と説教をたれる奴がいる。
③そういう奴は実は負け組なんじゃないかな、かな?
負け組のくせに負けたと思いたくないからさらに弱い奴を叩いているだけじゃないかな、かな?

 この①、②に関しては事実に関する文であって、私からしてもまあ、「いる」といえばそりゃ「いる」んだろうという感じです。何かの存在を否定することは難しいからね。けれども、komichiちゃんは②に該当する人間がどれくらいいるかについては何も語っていない。労働にはかなり厳しい考え方を持っているmiracleさんだって、②かどうかはわからないぞ。負け組なんて目に入っていないかもしれないし。
 で、komichiちゃんは②該当者の実数を予測もしないまま、②=実は負け組説を唱えます。これが③。完全な仮説です。さらに、負け組叩きの動機についても仮説を立てます。その仮説が④です。
今月10日夜、NHKで『ワーキング・プアⅡ』という番組があった。
 それは、いわゆる「ワーキング・プア」と呼ばれる、一生懸命に働いているのに豊かになれないどころか、満足に生活するだけの収入も、上昇できるチャンスにも恵まれない人たちについて報道した番組である。
 二人の子持ちの母子家庭で掛け持ちで仕事をしている30代の女性。80歳と75歳の年金をもらっていない缶拾いの老夫婦。さらに、高校時代は優秀な成績だったにも関わらず、親の失職・病気で進学できず、安月給で働かざるをえない20代の女性など。
 番組でとりあげた人たちはいずれも、必ずしも自分の落ち度でチャンスにも恵まれない貧しい生活を余儀なくされている、というわけではない。番組の内容は、このように必死で努力しているにもかかわらず、豊かになれるどころか、まともに生活していくのも難しいという人々の姿を通して、今の社会のあり方を問うているものだ。

 だが……。

 なんと、この『ワーキング・プアⅡ』の放送後、番組に対する抗議の電話が多数寄せられていたという。その内容は「貧乏なのは自己責任なのだから、こんな番組を放送するな」という類のものだとか(注1)。
 そういう抗議をする人たちや、あるいはこの問題を扱ったブログのコメント欄に「貧乏人が必死だなw」などというコメントを入れる人たちとは、果たしてどういう人たちなのだろうか? いわゆる弱者や負け組、その問題について語ろうとする人たちに、「自己責任」論を振りかざして、説教を垂れる人たちというのは、どういう人たちだろうか?

 ワーキングプアのテレビは私も見たよ。惨めだなぁ、と思った。かつ、この人たちは経済原理を理解していないんだな、とも思った。そして、この番組を見て、これはひどすぎる事例をもってきすぎではないか、とも思った。まあ、私自身の感想はどうでもいいんですけど、komichiちゃんの脇の甘さは、
「ワーキングプアに対する抗議の声がどれくらいあったかというボリュームの問題を完全に看過しているところ」
にあります。いったい、あの番組を見ているうちの何人くらいがそういう反応を示したのかな? たとえば、100人の人にアンケートをして、1人が珍妙な回答をしたとして、その1人の回答にどの程度の意味があるというの? もちろん、10人、20人となってくれば憂慮の必要性も跳ね上がること間違いございません。で、komichiちゃん、その心無い声はいったい何件くらい上がってきたんだろう? ねえ? komichiちゃんの参照しているブログを見ても、みんな伝聞で書いているんだけど、実際どうなの?
 本当の「勝ち組」や、元から市場原理主義を信奉していた人もいるかもしれない。だがそのような人たちは、おそらくは全体のごく一部ではないだろうか? 真に自由主義を信奉する公正な人なら、あのように一生懸命に働いても豊かになれない人たちに嘲笑を浴びせたり、それを取り上げた番組に目くじらを立てるようなことは、あるのだろうか。本当の「勝ち組」や「エリート」の人が、NHK番組に電話抗議したり、一般人のブログのコメント欄でしょうもない嫌がらせをするとは、普通思えない(注2)。
 今の日本社会で、いわゆる「エリート」や「勝ち組」の人がたくさんいる、自己責任だけで頑張って高収入を得られているような人たちが多数派ならば、まことに結構な話である。だが、現実はそうではない。
 世論調査・誘導のために、政権やその支持勢力が放ったプロ活動家や工作員、彼らに扇動・動員された人たちである可能性も考えられる。しかしそれについては、確証及び、確証を得る術が今のところこちらにはないので、ここでは言及しない。

 いつも思うんだけど、komichiちゃんって頭が悪いからいつも文章の肝心なところは妄想か陰謀論か疑問文なんだねww。陰謀を確証する前にもう少し考え直さなければいけないことがあるでしょうが。NHKに対する抗議の規模とかwww。
となると、NHK番組『ワーキングプアⅡ』に抗議電話をかけた人たちの多くは……やはり、社会の大多数を占める、いわゆる「負け組」の人たちではないか。あるいは「負け組予備軍」……今はまだ「負け組」というほどではなくても、いつか、何かのきっかけで「負け組」に転落するかもしれないという人たち、そのような不安を大なり小なり抱えている人たちであると考えられる。本当に「勝ち組」「エリート」と言える人たちは少数。「自分だけは絶対大丈夫」といえる人たちは、よほどの自信家か、楽観主義者か、あるいは社会の現実を知らない鈍感な人かのいずれかだろうから。

貧弱な仮定に貧弱な推論を積み重ねた結果、抗議電話の主が負け組ではないかという結論に至ったkomichiちゃん。だいたい、「「負け組予備軍」……今はまだ「負け組」というほどではなくても、いつか、何かのきっかけで「負け組」に転落するかもしれないという人たち、そのような不安を大なり小なり抱えている人たち」って定義が広すぎて、わざわざそんな概念をつくる意味なんてないよ。komichiちゃんが正当にも後述しているように、「「自分だけは絶対大丈夫」といえる人たちは、よほどの自信家か、楽観主義者か、あるいは社会の現実を知らない鈍感な人かのいずれかだろうから」ほとんどの人は前の定義によると「負け組予備軍」になってしまうわけです。すると、komichiちゃんの推理は、NHKに抗議電話をかけたのはトップエリートではない一般大衆、ということになるわけで、そんなこと、力説されなくても誰にでもわかります。komichiちゃんの頭の中には脳みそじゃなくてうんこがはいっているのでしょうか。unkomichimichiと改名してはどうでしょうか?
うんこみちみちちゃんは、さらに推論を重ねます。
 それにしても何故、いわゆる「負け組」や、少なくとも「エリート」や「勝ち組」でもない人たちが、「自己責任」を振りかざして、社会的弱者や「負け組」に人たちに説教を垂れるようなことをするのか?
 はっきり言って、彼らが「自己責任」論を振りかざして、それを広めるほど、彼ら自身が不利な立場に追い込まれ、より不利益を被ることになってしまう。現実にメリットを受けることは、あまり考えられない。特に、新自由主義(=市場原理主義)の路線が社会のあらゆる分野で推し進められている、現在の社会状況においては。金も、コネも、地位も、他人よりずば抜けた特別な才能も……つまり、社会の中以下から上にのし上がるための手段を持っていない人たち(注3)に対しても、決して機会が平等に与えられているとも思えない。
なのに、何故?

実数把握もせず、概念規定が曖昧すぎるせいで実態把握もおそらくできないだろうと思われるのですが、それでも、うんこみちみち(以下、うんこと略す)ちゃんはそのよくわからない(「負け組」+「負け組予備軍」(何らかの社会不安を感じている人)=「日本人(+半島人その他)」-「トップエリート」=「一般大衆じゃねえの?」)存在の悪意に対する動機解明を進めます。はっきり言って無駄じゃねえの? と思いたくもなりますが、頭の中がうんこだとそういうこともわからなくなってしまうようです。
それは結局、自分が「負け組」あるいは、「負け組予備軍」であるという事実を認めたくない、そのような現実を直視したくないからだ、と私は考える。それを認めると、自分があまりにも惨めで辛くなるから。その事実に耐えられない。特に(騙され、煽られたとはいえ)、一度でも「自己責任」論や「市場原理主義」論を支持する側にくみした場合はなおさらだ(注4)。
 さらに言えば、「自己責任」を唱えている当の本人たちが、本当に自分の収入や社会的な地位を確保する、あるいは上げるための努力をしている、あるいはできているのだろうか? 少なくとも、ほぼ一日中ネットにかじりついて、他人のブログにしょうもない書き込みをやっているような人たちが、そのような努力をしているとは、私には思えないのだが(苦笑)。
 そもそも「自己責任だ」「自助努力をしろ」とか言われても、具体的に何をすればいいのかわからない、という人も多いのではないだろうか?
「頑張れ」「努力しろ」「精進しろ」などとか言われても、本当に追い詰められている人たちなどは、日々の生活と目先のことに精一杯である。高度な技能や資格などを得るための勉強にまでなかなか手が回らないという現実もあるのではないか? やる気はあっても、資格や技能を得るための勉強にも金がかかる。企業もまともに人材育成をしない・できないという現状では、十分な収入を得られていない人には、勉強する機会も与えられないことになる。
 さらに、頑張って何か結果を出したとしても、それが必ずしも報われるとは限らない。何故なら、労働者のクビを切る側の人間は、労働者が本当に無能だから切るわけではないからだ。そうやって人件費を削ることが、最も手っ取り早く利益を増やす方法だからだ。例えば、冒頭で取り上げたNHK番組『ワーキングプアⅡ』に登場した20代女性の場合、頑張って資格を取ったにもかかわらず、ほんのわずかしか収入が上がらず、生活は苦しいままだという。
本人の努力は確かに大事であるが、なかなか状況を改善できない、それだけではどうしても限界がある。そんな現実がある。

うんこちゃんの頭の中では、「一般大衆」=「ネットの前に一日中座っている人」になってしまうようです。粗いよね、文章が。粗い概念規定にステレオタイプを持ってきて、で、これが答ですか? やっぱりうんこが脳みその代わりに入っている人は違うよね。うんこちゃんや学歴詐称さんもつまらないブログへの書き込みをやめたらどうですか? まるっきり無駄だし。
企業が、人を切れば利益が出る、と考えているだなんて書いてあるけど、目の前の人件費を浮かせるために有能な人をレイオフするなんて、まともな人事担当者ならやらないと思うよ。「さらに、頑張って何か結果を出したとしても、それが必ずしも報われるとは限らない」だなんてうんこちゃんの頭はほんとうにうんこなんだね。この文章は、100の場合のうち、99報われて、1報われないような単なるミスのような状況でも真になるでしょうが。問題なのは、”頑張って結果も出ているのに報われることが少ない”状況でしょうが。
「冒頭で取り上げたNHK番組『ワーキングプアⅡ』に登場した20代女性の場合、頑張って資格を取ったにもかかわらず、ほんのわずかしか収入が上がらず、生活は苦しいままだという」
に関しても、
業務に資格は直結しているか
という問題があるわけで、私はあの番組を見ている限り、彼女の職場が認定資格を得ることによって報われるような場所であるようには到底思われなかった。つまり、彼女はたしかに「がんばった」かもしれないが、会社が望むような「結果を出して」いないかもしれないわけでしょう? うんこが脳みその代わりに入っている人は文脈読めませんか? そうですか。

 後の文章も逐次引用して嘲笑してやろうと思ったけれどもやめた。だって、無駄に長いし、内容は空疎だし。
 あのね、ひとつ、書いておくと、私がうんこちゃんを嘲笑するのは君が「負け組」だからではないですよ。君は、頭がとても悪くて、知識や教養もなくて、それなのに、こうやってブログを書いたりすることで社会を変革できると思っている香ばしい人なんです。アイデアで世の中を変えることはおそらく可能なのでしょうが、とても難しいことです。うんこちゃんより比較にならないほど賢い人がたくさんいるコンサルティングファームが、たかだか一つの会社を改革しようとするときでもとても苦労します。物事を変えるのはとても難しいのです。
 そのように難しいことを、ブログにくだらない文を排泄することで達成できると考えているところが香ばしいのです。そして、私は、そんなうんこちゃんを冷笑したり、いじめたりすることが大好きなのです。私は、格差社会などどうでもよく、うんこちゃんをいじって愉しんでいるだけです。あなたや学歴詐称みずたにひでき学士様のサイトに来る「工作員」の大部分はそんなもんじゃないですかね?
スポンサーサイト
  1. 2007/02/12(月) 20:15:59|
  2. 電波について|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4
<<一つ前のエントリーは書きすぎた | ホーム | 個人情報をさらすということ>>

コメント

Kに頼っているへたれだもんな

明らかに学歴経歴詐称でもわからないふりをして(本当にわかっていないってか),バカに頼るところがもっとバカだよな。
  1. 2007/02/25(日) 19:08:07 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集]

まったくですわ

なんでそこを切り離さないかがわからない。守るべきものを間違えているよ。
  1. 2007/02/25(日) 21:03:04 |
  2. URL |
  3. imaichi #-
  4. [ 編集]

自公から金貰ってんでは

Kaetzchenとかうんこみちは自民公明から金貰って(保護と引き替えかもなー)リベラルをバカにさせる役目じゃねえのか。

反日じゃなくてネットウヨの変形版。
  1. 2007/02/26(月) 01:11:36 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集]

あはは。そう思う。
  1. 2007/02/26(月) 01:40:12 |
  2. URL |
  3. imaichi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imaichi2you.blog4.fc2.com/tb.php/557-6ef3959c

なるべくしてなってます

柳原一哉も呑気に取材なんかしていないでこんな馬鹿張り倒せつーかパチンコに行く時点で取材やめて撤収しろよw
  1. 2007/02/14(水) 00:11:31 |
  2. miracleさんが望むなら私何をあげてもいいわ

imaichi

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。